元・靴設計士 兼 現・靴修理人 兼 シューフィッター 兼 靴マニアのコマツです。

東京某所で靴修理やってます。イギリスのノーサンプトンで靴のあれやこれやを学んで、20代の頃10年間ほど靴の設計の世界にいました。30代からリペアの世界へ。靴フェチではありませんが、革靴からスニーカーまで、高いのから安いのまで、めったやたらと書いていきます。

113 インド製の牛革靴。神殺し⁉ ちがいます。

こんにちは。

靴修理人 兼 シューフィッター 兼 靴マニアです。

日本はもちろん、世界的に

すべての靴には原産国を表示する義務があります。

だいたいは、ベロの裏ですね。

ベロがないパンプスだと、だいたいが靴底の裏に書いてあります。

で、さいきんにわかに

MADE IN INDIA

の靴をみかけることが多くなったんです。

リーガルも多いですね。

いやいやいや、インド人が牛ころしちゃダメでしょ、

って思いません?

ヒンズー教だと牛は神様で、絶対食べたりころしたりしませんから。

って思ってたら、ちがうんですね。

インドはヒンズー一神教じゃなくて、ムスリムもけっこう

いるみたいなんです。

当然、牛も食べるし革もつくる。

それと、盲点だったのはヒンズー教徒でも

「牛」ではなく「水牛」は神様じゃないので、食べてもいいらしいんです。

なのでインド製の革靴には意外と水牛がつかわれてるのかもしれませんね。。

ではまた明日!