元・靴設計士 兼 現・靴修理人 兼 シューフィッター 兼 靴マニアのコマツです。

東京某所で靴修理やってます。イギリスのノーサンプトンで靴のあれやこれやを学んで、20代の頃10年間ほど靴の設計の世界にいました。30代からリペアの世界へ。靴フェチではありませんが、革靴からスニーカーまで、高いのから安いのまで、めったやたらと書いていきます。

211 足のサイズでお悩みのご婦人へ:結局はオリエンタルトラフィックがベスト。

タイトル長いな

こんにちは。

靴修理人 兼 シューフィッター 兼

靴マニアのコマツです。

オリエンタルトラフィック

以下、オリトラと呼びます。

「知ってるよ!(怒)」という罵声が

あちこちから飛んできそうですが、

21.5センチから26.5センチまで網羅してるメーカー、

ほかに知ってたら教えてください。

 

とにかくめちゃくちゃ種類が多いんですよ。

公式HP:https://www.orientaltraffic.com/

そしてほとんどが21.5~26.5センチ対応。

さらに値段。

上から、

3,795円、

4,290円、

8,690円。

   【GO TO 15%OFFクーポン発行中!11/5(木)23:59まで】【ポイント20倍】ミドルヒールビジューパンプス★オリエンタルトラフィック★ORiental TRaffic パーティー フォーマル 入学 入園 楽天で購入
   【GO TO 15%OFFクーポン発行中!11/5(木)23:59まで】【ポイント20倍】ファーフラットパンプス★オリエンタルトラフィック★ORiental TRaffic 楽天で購入
   【20秋冬新作】チャンキーヒールミドルブーツ/1408/オリエンタルトラフィック(ORiental TRaffic ) 楽天で購入

もちろん就活用のプレーンパンプスや

バレエシューズもそろってます。

安さの理由は、合皮だから。

にしても、値段のわりにけっこう品質はいい。

あの「卑弥呼」の親会社になっただけあります。

じっさい、修理にも毎日くるんです。

最低限のカカトだ直して、さくっと帰る方が多い。

これはこれで正解です。

合皮だからメンテナンスの必要がないし、

だいたい1~2年履いたら、どんどん買い替えるのがベスト。

ちなみにオリトラ、

ショップにもっていけばヒールの修理は無料です。

ただし、工場修理なので時間がかかるのと、

ゴムを突き抜けてヒールの土台までいくとアウトです。

なので、両足1,600円くらいで10分くらいで

オリジナルよりずっと強いゴムで

さくっと直したい方が多い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小さいサイズ、大きいサイズを展開してる

メーカーは、もちろんほかにもあります。

有名どころでは、銀座ダイアナ。

老舗なら、銀座ヨシノヤ。

しかしリサーチしましたが、

・・・・・・高い。

あと、デザインが限りなく狭まる。

キビラは、

セミオーダーのわりにつくりがあまく、

時間もかかるしオリトラの倍くらい値段が張る。

だいぶリスキーな賭けですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オリトラ、ちょっと掘り下げましょう。

まずは

ちょっと宣伝みたいになりますが、

藤本美貴の動画、貼っときます。

オリトラとの企業案件だと思いますが、

意外と伝わりやすい。

なにより私個人としても、毎日修理やってて思うことは、

オリトラの靴は

「極端にぶっ壊れてることが少ない」。

うまーくフィットするんです。たぶん。

ここは、シューフィッターとしてのカンです。

ウィズ(幅)が選べるわけではないので、

極端に足が細い人or広い人には

合わないのもあるでしょう。

でも、外反母趾の方なら

親指と小指のつけねに

「ハギ(パーツの境目)がない」こんなデザインなら

比較的ラクなはず。

(ブーツは秋冬しか履けませんが、

外反母趾の強力な味方です。)

それにぶっちゃけ、ハズレを引いても2,200円です。

   【GO TO 15%OFFクーポン発行中!11/5(木)23:59まで】【ポイント20倍】ストラップフラットパンプス★オリエンタルトラフィック★ORiental TRaffic アウトレット 楽天で購入

一番いいのは、面倒でも一度ショップに行って、

実際に履いて、自分に一番合ったシリーズを

確認します。

(どれ履いてもダメな方は残念ですが・・・)

これがよさそうと思ったら、次回からは

ネットで同じシリーズのちがうデザインを

オーダーすると、リスクは最小限にすみます。

話を締めますが、サイズだけでなく、

靴になるべくコストをかけたくない方、

過去に高い靴買って失敗してトラウマになってる方、

一度試す価値は十分にあると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【今日のおすすめの1足】

カルフ アルバトロスの最近のカラー。

7,315円。

圧倒的「クマ」感(笑)。

カルフ。

フィンランド生まれのガチンコの

ランニングシューズメーカーです。

(工場は韓国)

なんていうか・・・・・

熊ですべてが脱力する(笑)。

たぶん、プーマに対抗したんじゃないでしょうか。

 

 

   カルフ KARHU ALBATROSS 82 アルバトロス F807005 クラシック ランニング スニーカー レディース/メンズ 楽天で購入

 

参考までに、サイズ感とフィット感は

ナイキのコルテッツと一緒。

ちょい細めだけど、シルエットがキレイ。

カルフはもっとインパクトのあるカラーが

定番だったんですが、

なんというか・・こう・・・

「これ履いたらオバサンじゃない?」みたいな

地雷カラーが満載だったんです。

この2年くらいずっと。

最近、すうっと肩の力、抜けましたね。

このへんなんてモロに80年代じゃないですか。

これでも9,900円。

   KARHU カルフ shose シューズ sneakers スニーカー albatross アルバトロス KH802586 KH802587 KH802589 楽天で購入

完全に好みですが、

ときには水彩画を思わせるような、

あるいはがっつり油彩画を思わせるような、

なんっっっっっともいえないいい色なんですよ。

いい色なんですよ。(2回目)

〇勢丹あたりで、地雷カラーは売ってるので

サイズ感だけ確かめて正しくネットで買いましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・

それではまた明日!