元・靴設計士 兼 現・靴修理人 兼 シューフィッター 兼 靴マニアのコマツです。

東京某所で靴修理やってます。イギリスのノーサンプトンで靴のあれやこれやを学んで、20代の頃10年間ほど靴の設計の世界にいました。30代からリペアの世界へ。靴フェチではありませんが、革靴からスニーカーまで、高いのから安いのまで、めったやたらと書いていきます。

211 あなたが10分で誰かの人生を救う最短の方法。しかも無料。

こんにちは。

靴修理人 兼 シューフィッター 兼

靴マニアのコマツです。

今回はコーナーが前後しますが

【今日のおすすめの1足】

ホカオネオネ クリフトン5

型落ちなのでついに1万切ってきました。

カジュアルで使うんなら、むしろ6より

シンプルで使いやすい。

8,800円(!)。

元祖“厚底”ランニングシューズのHOKA ONE ONE最新モデル「CLIFTON 5 ...
HOKA ONE ONEの新作登場です!〜HOKA ONE ONE〜 | Wonder Mountain Blog

レディース↓

   あす楽 ホカ オネオネ ランニング シューズ クリフトン 5 1093755-BWHT ブラック(BLACK) HOKA ONE ONE CLIFTON 5 メンズ ジョギング スニーカー 運動靴 くつ 黒 cat-run rshoka mensD 楽天で購入

メンズ↓

   ホカオネオネ クリフトン5 1093755FGEB 2018 楽天で購入

厚底シューズは好き嫌いわかれますが、

クリフトンはそこまで厚底ではありません。

もともとオサレ系の美容師さんあたりから

じわじわブームが始まり、

ビームスやアローズでも取り扱うようになって

しかも立ち仕事の人にとっては中毒性のあるはき心地なので

あっというまに感染拡大しました。

ニューバランスとか、

アディダスのスタンスミスなんかと

ほぼ同じ厚みのソールです。

ただもうはき心地がヤバい。

家人が実際ここ数か月履いてますが、

今まで散々履いてきたニューバランス

1400、1300に目もくれない、といえば

少しは伝わるでしょうか?

同じ厚みなのに、衝撃はほぼ全部なくなります。

なくなるんです。

物理に反してます。

エアマックスなんて話にならない。

なによりトウスプリング(つま先の反り上がり)が

めちゃくちゃ高いので、絶対つまづかない。

それがアンダー1万って・・・(サイズによりますが)。

いい時代ですね。

ホカでは「クリフトン」と「ボンダイ」が

二大巨頭ですが、体重70キロが目安です。

70こえてたら(私だ)ボンダイの方がいい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さ。

本題いきましょうか。

きのうのブログでもさらっと書きましたが、

コンビニだろうが百貨店だろうが、

セレクトショップだろうが新幹線の車内販売だろうが、

イオンのフードコートだろうが、

ほんのわずかなことでもうれしいことがあったら

すうっ(息を吸う音)

「その本社あてにお褒めのメールを送ってください!」

(大絶叫)

はあはあ・・・・。

時間にして最短10分。

無料。

個人情報も洩れない。

ツイッター感覚。

それだけでこの時代、その人の人生、救えます。

ちょっと具体的に言いましょう。

最近、マックでもコンビニでも、

半分マスクで顔隠れてるにしても

やたら美人だったり、おばちゃんでも

やたら接客態度よくないですか?

クレーム1本でクビになるからです。

・・・・・・・・・・・・・・

ここからは架空の話にさせてください。

コマツは都内の某百貨店で働いてます。

従業員、余り気味です。
正社員はほぼいなくて、皆さんが目にする店員さんの8割は、パートです。

バックヤードでは、ほぼ毎週のように誰かの

プチ送別会やってます。

立ったまま、一応メンバー的なのが集まって、

ぱらぱらとした拍手と一緒に、

店長が花束渡すみたいなね。

コロナのあれもあるんで、居酒屋にも行けない。

しょぼい花束ひとつで終了。

 

そして数日後の朝礼で「こんなクレームがありました」

と、全員共有の具体例が読み上げられます。

「靴のサイズが左右でちがってた」

「取り寄せの靴が間に合わなかった」

「購入した靴が1回で壊れた」

で、あー昨日のあれはこれっだたんだ、と

全員が理解するわけです。

たしかに、消費者としては頭にきます。

それはわかる。

でも、それだけでクビってどうなの?

でもこれが現実。

ただでさえ余っているパートのリストラの格好の理由になりますから。

逆に。

確率的には300のクレームに対し、

「うれしかった」メール(とか電話とか手紙とか)は

1通あるかどうか。

これが、際立つんですよ。

クレーム同様、どーでもいいことでいいんです。

「親切にしてくれた」

これを百貨店本社のお問合せコーナーから送るだけ。

まじでこれだけで表彰されます。

そして、首の皮一枚でつながっていた雇用が継続されます。

最低でも確実に昇給します。

自慢ですがコマツは去年、大々的に表彰されました。

会社にも迅速に伝わり、月給が半年間限定ですが

2万あがりました。

なにをしたのか。

「靴底がはがれてるのを、アロンアルファで無料で

くっつけてくれた」。

まじでこれだけです。

いや、こんなもん1日1回はやってますって。

でも、それをメールにする人がめちゃくちゃ少ないってことなんです。

私の場合は、趣味で毎日なんかしらの靴屋に立ち寄って

試し履きさせてもらってます(買わない)。

なので、毎日お褒めのメールを書いてます。

「買わなかったけど、接客態度がすごい良かった」

これだけ。

100%、本社から返信メールがきます。

コマツ様からの貴重なご意見・・・

(略)本人と店長にも伝え・・・

(略)社員全員に共有しました」

ほぼほぼこのパターンですが、

確実に、本人と世話係のメリットになってます。

チップなんていうクソダサい文化より、

こっちの方が奥ゆかしくて、スマートじゃないですか?

ぶっちゃけリターンのカネもチップの比じゃないし。

本当の話ですが、旅行代理店(京王観光)で

数年前、温泉を予約しました。

とってもいい温泉だったので、

京王観光本社にお褒めのメールを書いたところ。

その人、いなくなっちゃいました。

本社マーケティング部に異動になったんですって(汗)

パートからいきなり正社員。

給料も全然ちがってくるでしょ。

いや、残念ですけど嬉しいですよね。

これは極端な例ですが、実際あったことです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このブログはいい人しか読めないようになってるので、

みなさんどんどん褒めあっていきましょう。

うわ、なんかキレイにまとまっちゃったな(照)。

それではまた明日!