毎日靴ブログ@元・靴設計士 兼 元・靴修理人 兼 現シューフィッター 兼 靴マニアの こまつです。

東京某所で靴修理やってました。イギリスのノーサンプトンで靴のあれやこれやを学んで、20代の頃10年間靴の設計の世界にいました。30代からリペアの世界へ。靴フェチではありませんが、革靴からスニーカーまで、高いのから安いのまで、めったやたらと毎日書いていきます。修理は9月で退職。現在「全国どこでもシューフィッター」として活動中。HPは11月くらいにできるかと。

628 ガチの金持ちは紐靴を履かない。

 

さっそくですが

おせちの準備の季節じゃないですか。

うちは正月はちゃんこ鍋ですが。

 

突然なんですがこの写真見てください。

冷蔵・生おせち料理2021・京都の料亭『濱登久』おせち料理・特別一段重

ほかにも2重くらいあって

20万円です。

 

問題はど真ん中の巨大エビだ。

 

慎重に運ぶんでしょうが、

それでも気になるのが

 

このヒゲ、絶対折れるでしょ。

 

それか目が取れるか。

 

20万円でヒゲがかたっぽ折れてたら

大クレームだよね。。。。

 

私の所属してる百貨店も

各店おせち出してます。

最高額で30万円~。

 

~。って怖い。

タネを明かすと実はほとんどが「器代」

なんですけどね。

料理もすごいけど器が伊万里焼とか。

 

その器もセットでついてくるっていう

安定のパターン。

 

で、売れてます。

 

いるんだなあ現実に・・・。

 

妄想ですが、

 

・財閥ファミリー

・電鉄の社長ファミリー

・徳川の末裔ファミリー

 

あたりは

年越し前から

・男は紋付き袴

・女は着物

をバシーーーッと着て

 

緊張感漂う年越しするんでしょうね。

 

いやだいやだ。

 

元旦の朝(?)かわからんけど

しずしずと数十万のおせちが運ばれてくるわけだ。

 

そのエビのヒゲが片方折れてたら。

 

こわいこわいこわい。

 

でも絶対折るでしょ。

 

・調理段階

・盛り付け段階

・運ぶ段階

・テーブルに置く段階

 

元旦で縁起物でお値段高いでしょ。

 

折れるなあ。

折れると思うよ。

 

でもすぐ作り直せないもんねえ。

 

結論:

多分ヒゲと目の玉は

針金と黒豆でできていると推定。

 

前置きが長くなりました。

 

今日はお金持ちの話です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTuberとかじゃなく

由緒正しい金持ちっているじゃないですか。

彼ら、基本スリッポンしか履きません。

紐靴はほぼ履かない。

 

具体的に紹介しましょう。

 

苗字出したらえらいことですが

レべチの金持ちは

意外に質素な靴履いてます。

 

電鉄の「会長」レベルなら

ほぼマレリー。

 

 

【当店限定!エントリーでポイント10倍!】 マレリー 4230 ビジネス メンズシューズ モカシン 靴

 

25000円前後。

意外に安いでしょ。

でも「モノの良さ」を見抜いてる。

 

同じ靴・同じ色を

5足同時にリペア頼まれたこともあります。

 

安定のギョーザ靴。

きわめて合理的です。

 

・はき心地は最高

・コーデは靴から逆算できる

コスパ

・紐で時間を無駄にしない

・ビカビカに光らす必要がない

 

ね?

 

驚くほど合理的なんですよ。

 

月一で秘書かメイド(実在します)が

トランクでがらがらーって

持ってくるんです。

 

「磨きと修理おまかせコース」で。

 

キレイに履いてるなあ。

減り方から逆算しても

姿勢の良さがわかる。

 

ギョーザ靴のオリジナルの

・BALLY

・モレスキー

はまず来ません。

 

重いし簡単に壊れる。

メンテも複雑。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

金持ち第二世代(40前後)は

主観ですが

クロケット

・アレンエドモンズ

が多い気がする。

 

【国内正規品】CROCKETT&JONES クロケットアンドジョーンズ SYDNEY シドニー カーフ ローファー 革靴 本革 25351A-S01C1 ブラック

 

8万前後。

やっぱ紐よりスリッポンが多い。

 

アレンはこちら。

アレン エドモンズ メンズ スリッポン・ローファー シューズ Grayson Tassel Loafer Walnut

 

まあ・・・10万超えてきますよね。

これのダークブラウンを今日実際に

カカト直し+簡単磨きしました。

 

第二世代は秘書じゃなく

自分でふらっと来店されることが多い。

 

質問も良くされますが的確です。

「どこのメーカーがいけてんのか」

要はこれ一択。

 

素直だし

躊躇なく聞く・メモするあたりが

習慣なんだなあ。

 

クロケットもアレンもいい。

ただ・・・

 

いろんな事情をぐしゃぐしゃっとかみ砕いて

ぺっ

って出すと

 

答えはこれ。

「バーウィック」の

ダブルモンク。

 

Berwick1707 | バーウィック 3637 ラスト 156 ビジネス 本革 送料無料 大きい 小さい 交換無料 雨 雪 滑り止め ダブルモンク ダイナイト 黒 ブラック ブラックダイナイトソール ダブル メンズ モンクストラップ

 

27500円。

安っ。

スペイン製の本格グッドイヤー

 

ダブルモンクだけど・・・

事実上「ずぼっ」って履けるスリッポン。

 

鏡面もできなくはないけど

クレムで濡れたようなエロい艶の方が

粋ですね。

 

YouTube

「なんでバーウィックはこんなに安いのか」を

見たんですが

www.youtube.com

 

なるほどねー。

外注に一切頼んでないんですね。

ユニクロと同じスタイル。

 

しかも良くも悪くも

まだまだ浸透するまで

攻めたデザインは出さないでしょう。

 

今日もガ―――っとグラインダーで作業しながら

(あ・・おせちのエビのヒゲとつながった)って

ふっと思ったんです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

おせちも、最上級ランクって

意外に地味です。

イセエビも入ってますがこう。

 

〈懐石 辻留〉和風三段

某百貨店のおせち。

3人前で13万。

器なし。味のみで勝負!

 

ほら。

エビが!

こんにちわしてないんです!

 

大きさからすると車エビかもですが。

 

余計なリスクより

信頼第一ってやつですね。

実はこれもアレンジは無限です。

 

・アレルギー

・量

・メニューの入れ替え

・これに合った副材

・これにあった日本酒・ワイン

 

ビジュアルは氷山の一角。

これを見て

ご自身でアレンジしてねって

なかなかいいじゃないですか。

 

当然このレベルまで行くと

「自分で取りに来い」などとは

おくびにも言えません。

 

百貨店の「外商担当と料理長」が

31日か1日に

自ら持っていくわけです。

 

金額によっては

料理長および弟子が

「盛り付け」までやるとかやらないとか。

 

胃が痛いなーーーーー。。。。

想像するだけで。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

紐靴って、地味に人を待たせません?

自分ひとりならいいんですが

「相手」がいることが多いでしょう。

 

ガサツな人間が

ずぼっと靴はいてつまさきトントンしてるときに

靴ベラ探して

紐をいちいち締めれますか?

 

ムリなんですよ。

だからガチの金持ちは

紐靴履かないんです。

 

結論:

金持ちになるために

スリッポンを買おう。

 

本題終了!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

でだ。

 

私もスリッポンにはちょっと

うるさいですよ。

 

履いた感触だと

まちがいなくマレリーが

世界最高峰なんですよ。

 

ただダサい。

 

同じ工場の

ユニオンインペリアルは

紐靴は得意だけどスリッポンは・・。

 

それふまえて

 

【今日のおすすめの1足】

 

日本製。

「イウゲン」のスリッポン。

35000円前後。

IUGEN ユウゲン IG107 リボンタッセルローファー

IUGEN ユウゲン IG107 リボンタッセルローファー

 

IUGEN ユウゲン IG107 リボンタッセルローファーIUGEN ユウゲン IG107 リボンタッセルローファー

【当店限定!エントリーでポイント10倍!】 Iugen IG105 イウゲン ペニーローファー 靴 正規品 ボロネーゼ マッケイ製法 ブラック 革底

 

はっきり言うが

上記どのメーカーより

イウゲンの方がフィットする。

 

ウィズなど問題外。

リアルマッケイで

ボロネーゼ製法。

 

革の靴下です。

 

前にも書きましたが

イウゲンは

「スリッポンしかつくらない」

一点突破型の狂気メーカー。

 

ラスト、ヤバいです。

履いた瞬間たぶん笑いますよ。

 

公式HP貼っときます。

Iugen(イウゲン)オフィシャルサイトオープン IUGEN

 

サイゼリヤと一緒で

広告にカネを使わない。

その分徹底的にコスパを良くする。

 

いざ履いてみると

その実力に全員が無言になる。

値段を聞いてさらに黙る。

 

いい靴です。

問い合わせしてでも

試し履きの価値はあります。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

それではまた明日!