元・靴設計士 兼 現・靴修理人 兼 シューフィッター 兼 靴マニアのコマツです。

東京某所で靴修理やってます。イギリスのノーサンプトンで靴のあれやこれやを学んで、20代の頃10年間ほど靴の設計の世界にいました。30代からリペアの世界へ。靴フェチではありませんが、革靴からスニーカーまで、高いのから安いのまで、めったやたらと書いていきます。

568 世界一役に立たないオールソールの手順。

疲労の極み。

無意識のまま書きます。

はい明日も仕事ですがなにか。

 

疲労の原因ははっきりしてる。

 

ここんとこてきめんに

がっつりめこってりめの

二郎系オールソールが多い。

 

それも本格革靴じゃなく

eccoとかひと時代前のコールハーンとかの

加水分解したウレタン底ーーー。

 

1日2足は同時進行でやってます。

このひと月くらい。

 

なにが疲れるかって・・・センス。

 

たとえば。

 

本格革靴のグッドとかマッケイの

オールソールは暗記科目で

「答えが決まってる」んです。

 

それに対し。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

たとえば。

 

Image

これどうしようか。

ガチでセンスと想像力が求められるでしょ。

 

しかも靴と対峙して

 

・できるかできないか

・時間と費用

・どんな感じで仕上がるか

だいたい3分以内で答えなければならない。

 

しかもわかりやすい言葉でね。

 

さてこの写真のケースは

ウレタン底が加水分解したものです。

さあどうする?

 

こうする。

修理後の画像。

ImageImage

自画自賛ですが悪くないでしょ。

でも

この完成図が3分以内で浮かばないとアウト。

 

いうてもパターンは決まっていて、

シニアのコンフォートなら、なにかと万能な

ビブラム#2060を使用。

画像3: (6-2) ビブラムソール #2060黒 32cm・100 (ユニット底)

超軽量なのに

グリップがよく、粘りもあって

意外に削れずらい。

 

ちなみに修理代は

両足で12100円(税込み)。

期間は3日間。

 

なんとなく雰囲気でわかると思いますが

この名もなき靴、たぶん買った時は

1万前後くらいだったはずなんです。

 

「いや、買った方が安いじゃんw」

と思った方は

激アマですな。激アマチュアですな。

 

いいですかーーーーーー。

 

新しい靴を買う方が

100万倍めんどくさいんです!

特にシニアの方は。

 

・モノが多すぎる

・どこで買ったか定かでない

・憶えててもたいてい廃番

・販売員は話を聞いてくれない

 

で、ここにたどり着くと。

 

いいじゃないですか。

EVAだから加水分解しないし

部分修理も楽勝だし。

 

誰の得にもなりませんが

リペアの手順はこう。

 

①オリジナルの厚みを測っておく。

②古いソールを全部手とナイフと

 グラインダーでそぎ落とす。

Image

 

すっきり。

 

間髪おかず

③シャンクが折れてたら取り替える

 (この場合は折れてない)

フィラーのスポンジも取り替える。

⑤なにかと便利な「おしぶち・丸ゴム」を

 ぐるっと取り付ける。

画像1: (15)ゴム押しぶち・外丸4ミリ・黒

これに接着剤をつけて

Image

巻く!

Image

Image

もういい感じでしょ。

わかんないだろうけど、

ここまで来たら100点取れるのがわかる。

 

で、

スポンジも新しいの貼る。

削ってフラットにする。

Image

ここまで

シンプルに作業時間だけなら30分。

 

で、新しいソールを貼って

ImageImage

こうなる。

Image

毎回ここで終わらせたいんだよな―。

マジで。トリミングしたくないの。

実物みたらほんとかっこいいよ!

 

不本意ながら削ったらこうだ。

Image

Image

丸コバもいい感じで

一体感出してくれてる。

 

あーーーー、

このおばあちゃん、喜んで

今日持って帰られました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

メンズもこう。

 

手順一緒だから

写真見ればわかる。

Image

コールハーンの10数年前のやつ。

持ち込まれた時には

すでに全部とれてた。

 

やることは一緒。

Image

Image

Image

こう。

 

最後やりたくないけど

トリミングして及第点。

Image

んーーーーーー。

 

ソールが黒って重いな。

せめてレンガソールにでも逆提案すれば

よかったかも。

 

まあ今から考えたら無理ですわ。

 

だってこの時連絡ミスで

お客さんに渡す

3分前でしたから(ガチ)。

 

ギミックでおしぶちにこれ使ったら

画像1: (7)革・ウエルト・白糸入り+足付き

一気になんちゃってサント―ニよ。

Image

いいなあ。

 

いいと思うんだよなあ。

次やってみよう。

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

どう?

 

全然、本当に役に立たなかったでしょ?

 

読者をどんどん置いていく

「制御不能暴走ブログ」なんで

書いてる私が苦しむ様子を楽しんでくれればいい。

 

ニュースタイル。

 

本題終了!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【今日のおすすめの1足】

 

小学生の上履き用に。

アシックス「スクスク」。

 

3316円。

 

 

 

 

アシックス asics 即納可 送料無料 スクスク Mini 上履き CP MINI ホワイト×ホワイト TUU107

 

小学生の上履きの最高峰ですね。

忖度なしに。

 

そもそも「上履き」っていう制度が

終わってると思うんですが

現実はしかたない。

 

完璧な設計。

幅が狭い・広い関係ない。

洗濯機で洗える(乾燥機だけはNG)。

 

インソール着脱可。

足元に不安があれば

これにかえるだけでいい。

 

シダス「コンフォートジュニア」。

アンダー3000円。

 

シダス(sidas) コンフォート ジュニア インソール 326895 高機能中敷き 子ども用 (キッズ)

 

投げやりじゃなく、忖度もなく

マジでなーーんもいうことありません。

100点中の100点。

 

もう何年も継続して、アップデートして

ようやく採算とれるようになったのかな?

あらゆる意味で完璧です。

 

ダメなところがみつからん。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

それではまた明日!