元・靴設計士 兼 現・靴修理人 兼 シューフィッター 兼 靴マニアのコマツです。

東京某所で靴修理やってます。イギリスのノーサンプトンで靴のあれやこれやを学んで、20代の頃10年間ほど靴の設計の世界にいました。30代からリペアの世界へ。靴フェチではありませんが、革靴からスニーカーまで、高いのから安いのまで、めったやたらと書いていきます。

356 卑怯者。

ソース画像を表示

こんばんわコマツです。

 

今日は

悪質な お医者さんと整骨院の話。

 

足と靴の話もしっかりからめます。

 

・・・・・・・・・・・・・

 

①ヤブ医者多すぎ問題。

 

まえにも何度かさらっと書いてますが、

 

私の所属している店では

靴修理のかたわら、

ユニークな試みとして

私がシューフィッターの立場から

インソールもつくっています。

(会社からのノルマはありません。)

 

そのかたの悩みに応じて、

複数のメーカーをベースにつかいます。

だいたいこのへんのメーカー。

米・仏・日と、グローバル。

 

それぞれに一長一短があって

たいへん面白い。 

 

靴のこわれ方から逆算すると、

だいたいの症状がわかるんです。

 

・O脚

外反母趾・内反小趾

・偏平足

など。

 

このへん担当するの、

病院だと整形外科。

 

 しかしこの2021年にだ。

 

信じられないことに

整形外科でも

・O脚には外側が高いウェッジを入れる

外反母趾=手術一択

 (アフターケアなし)

・偏平足=義肢装具士にインソールつくらす

 

っていう被害にあうかたが

たいへん多い。

 

卑怯でしょ。

プロ失格どころじゃないでしょ。

 

かるく反論しよっか?

(反論だけでも医師法違反で、

10年以下の懲役もしくは

100万円以下の罰金だけど、

知らんわ!)

 

・O脚に傾いたウェッジいれても、足首の

 関節を痛めるだけ。

 足首→ヒザ→腰の順で、関節がこわれる。

 

 見た目がよくなっても、足裏の筋肉を

 使い切れなくなる。

 

外反母趾の手術はいい。

 でもアフターケアがなければ、数年で再発。

 今時「タオル寄せ運動」なんて、

 目も当てられない。

 

偏平足。

 それ、「外反足」なのか、

外反足 に対する画像結果

 マラソンや剣道やバレエで

 筋肉がついただけなのか、

 あるいは

 ただの「こんにゃく足」で

 「実はなにもしなくていい」のか

 きっちり伝えなさいよ。

 アプロ―チの仕方、全部ちがうよ!

 

 偏平足だからって、なんでもかんでも

 くそダサい靴、高額で売りつけるな!

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

②ヤブ整骨院問題。

 

整骨院の半分~8割以上は

健康保険を悪用しています。

 

こちらのサイトがわかりやすいですね。

coos-bay.net

私も肩こりと腰痛が痛くて、

近所の整骨院に通ってましたが、

それほどよくなりませんでした。

 

で、健康保険が適用できるっていう

ふれこみだったんですが・・・

なんと

整骨院が病名を代筆」するんですね(笑)。

わっかりやすく違法じゃん。

2回でやめました。

 

シンプルに「肩こり・腰痛」なら

1日15分ほどのウォーキングのほうが

はるかに効果があります。

(2017年・スタンフォード大学の研究)

 

悪質整骨院を見抜く

わかりやすい判断基準。

 

もしあなたが整骨院に通っていて、

あたりまえのように

「超音波治療」をやっていたら

限りなくクロ。

 

超音波は「自由診療」なので

かなりの額になるはずですが、

会計時に

マッサージ込みで2000円前後なら

健康保険つかってるので、完全違法です。

最悪、保険組合から

あなた自身が告訴される可能性もあります。

 

そんな整骨院

足の裏・腰をぶっこわされるかたも

まあ多いこと多いこと。

 

壊して、治療するんだから

卑怯としか言いようがない。

 

・・・で、

私がまたインソールで調整して、

靴マニアの知識をフル稼働して、

「この靴を履いて、散歩せよ」という

流れになるわけです・・・・。

 疲れる。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

笑えない実話なんですが、

すこし前に、

10数年以上整形外科に通って、

病名が「変形性膝関節症」で

(わかりやすく言えば、老化によるヒザ痛)

悩まされてた初老の男性に

インソールをさくっとつくりました。

費用は1万ちょっと。

 

2~3日で痛みが引いたらしい。

 

これはかなりまれなケースですが、

そのお客さん、

毎週ご来店されるんですよ。

 

何の用かって・・・

毎回、

「ヒザ、痛くないんだけど大丈夫?」

と聞かれるんです(笑)。

 

俗にいう「医原病」ですね。

ググってください。

 

おっと・・・・

また頼んでもないカツ丼が配達されそうなんで、

本題終了!

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

ごほうびタ――――イム!!

 

【今日のおすすめの1足】

 

足育(そくいく)のかたに。

あるいは

そうじゃない方にも。

アウトドア好きなあなたにも。

インドア派のあなたにも。

 

アディダス・FYW XTA」。

 

9486円。

ユニセックス

 

めっちゃ安くなっとる・・・

そのかわり争奪戦の様相。

 

 

 

 

 

アディダス adidas FYW XTA (ブルー)

 

 たしか1月にも紹介しましたね。

 

とにかくいいです!

 

1996年に16000円で発売。

 

96年当時、私自身これ買って、

世界を旅しました。

都会から砂漠のど真ん中まで。

 

一度たりとも、

靴ずれ起こしませんでした!

パキスタン

K2のふもとの氷河も

これで登りました。

全然余裕。

 

カラーはまさにこれでした。

なつかしい!

 

おっと・・・・

復刻版出てるじゃないですか。

41800円で(笑)。

 

アディダス Adidas メンズ スニーカー シューズ・靴【FYW XTA】Sand/Core Black/Sub Green

 

 

ソールパターンみれば一目瞭然ですが、

足の裏の形そのもの。

足裏の筋肉を総動員します。

かといってナイキフリーほど

スパルタじゃない。

 

で、カカトのボリュームが相当タイト。

つまさきはフリー。

トウボックスが厚いので、

外反母趾

巻き爪のかたでも余裕。

 

アウトドア用なので、

そうとう乱暴に履いても、

「こわすことができない」(笑)

 

とにかく使い勝手がいい。

 

デザインが気に入ったらおすすめです!

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

それではまた明日!