元・靴設計士 兼 現・靴修理人 兼 シューフィッター 兼 靴マニアのコマツです。

東京某所で靴修理やってます。イギリスのノーサンプトンで靴のあれやこれやを学んで、20代の頃10年間ほど靴の設計の世界にいました。30代からリペアの世界へ。靴フェチではありませんが、革靴からスニーカーまで、高いのから安いのまで、めったやたらと書いていきます。

502 「流行=善」は 前世紀の話。

前にも書きましたが

「流行はつくられるもの」。

靴の場合は

イタリアの「ミカム展」。

 

ミカムで靴の世界の流行は基本きまります。

良くも悪くも

ここで決めてるんです。

 

まずは・・・ 

私の主観なしに

だーーーっと書きますので

流行が気になる方はどーぞ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

クソコロナのせいで今回は

オンラインの展示会でしたね。

 

いいんじゃないでしょうか。

 

交通費かからんし、

「これわあああ!」っていうのがあれば

サンプル取り寄せればいいんだし。

リモートで審美学試されますしね。

 

えーと。

 

まず・・・・

またロングブーツを流行させたい。

 

 

f:id:shoesmaster:20210826211725p:plain

(VITTORIO VIRGLI  HPより)

こんな感じのが流行るんだって。

 

あー。

たしかに欧米人にはウケそう。

ギスギスした時代には

ふわっとしたブーツは似合わんかもね。

 

たしかに

「バシッとした」マスク顔には

こんなブーツ似合う。

 

ミドル丈なら「ガテン系ソール」。

こんなの。

 

f:id:shoesmaster:20210826213626p:plain

(BOEMOS)

ごついねー。

写真はメンズですが、

これがまんまレディースにも流行るそうな。

 

(挙手)

異議ありーーーーー。。。。

 

ミカムごめん。

私はそれでいうならこっちが好きだね。

「ブランドストーン」。

 

21000円。

BLUNDSTONE (ブランドストーン)#585/RUSTIC BROWN /ラスティックブラウンユニセックス メンズ レディースサイドゴア ブーツショート ワークブーツ

 

ブランドストーンって

知ってる人は知ってるけど

まったくしらん人が大多数かと。

 

とりあえずHP貼っときますね。

BLUNDSTONE® ブランドストーン日本公式ブランドサイト

 

オーストラリアに本社。

ベトナムに工場。

「ぶっこわれない」我が道を行くブランド。

 

私も最初に知ったのはお客さんのでした。

たしかヒール修理でしたが、

「なんじゃこの武骨な靴」って驚きましたね。

 

これにスキニージーンズなんて

いい意味で犯罪です。

インジェクション製法で意外とやわい。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

あと数点あるんですが・・・

正直ぱっとしねえな。

もうミカムなんていう

「田舎の寄合い」

いらなくない?

 

今回はどれもこれも

パラブーツ

オマージュじゃん。

 

要点だけネタバレすると

③ブーツの流行色は「白」。

④タッセルローファーまだまだ元気。

⑤スタッズは控えめ。

 

こんな感じっスー。

あくびが出るわ。

 

全然パンチない。

全然説得力ない。

全然ワクワクしない。

 

わずかに「むむ」っとうなったのは

意外にも

SDG sに全面的に伏せることなく

「いい革つかっていこうぜ」って方針。

 

へーーーと一瞬思いましたが

それ以上でもそれ以下でもありませんね。

 

だってひと時代前のミンクコートと一緒よ。

 

・使うなら背徳感前面にガンガンいこうぜ

・いい革って独占されてんじゃん・・・

・それでも履くなら

 履く人間の「中身」も必要。

 ステイタスと審美眼と知恵と知識。

 

まったく個人的な主観ですが、

20万円かけて秒でこわれる新作買うより

目の肥えた人間の買う

20年前の古靴の方が100倍価値がある。

 

絵ってそうじゃん。

ワインだってそうじゃん。

音楽だってそうじゃん。

 

新品=善は

前世紀の価値観。

 

月並みな話で申し訳ないんだけど

SNSが世界中席捲してる中

リーダーなんていらんのよ。

 

靴好きはぜーーーーんぜん芯がぶれない。

ちょっとずつちょっとずつ浮気しながら

メルカリをみて一喜一憂する。

 

映画の「プラダを履いた悪魔」なんて

今の学生さんに見せても

全然心動かせんよ。

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ひとまず本題ここまで。

 

なんか思うように話が広がらなかった。。。

 

まーいっか。

 

あ、ちなみにこの資料

シューフィッターの会報をもとに書いています。

 

ここまで書いといてなんですが(滝汗)、

 

(株)ジャルフィック チーフエディター

 岡村嘉子様、ありがとうございました!

 

紳士靴についてはほぼ触れられてませんが

わかる。

たぶん

書くネタすらなかったのではないかと・・。

 

紳士靴は・・・(深いため息)

基本各々の「クラシック」を貫けばいいし

あえて新作はハイエンドブランド以外

ミカムに出す意味がない。

 

ここで底力が見えるよね。

サージェントが逝き、

サント―ニも元気がなく

どーする?

 

ところで。

 

ちょっとだけミカムから離れるけど、

正直「スコッチグレイン」のヒロカワ製靴って

頑なにグッド一筋でダメかな?と

どこかで思ってました。

 

底力ある。

 

ウェストンのリペアの件についても

(ブログ489参照)

あれれれれ?と思うときがありましたが、

 

ほぼ毎日店頭で実物を拝見するのと

リペアで使い込まれた状態を拝見してますが、

全然底力ありますね。

 

具体的に言えば

今日「新品のサント―ニ」と

「新品のスコグレ」を同時にリペアに

持ってきてくださった方がいらして。

 

ハーフソールだったんですが

靴紐以外、甲乙つけがたかった。

 

靴紐はスコグレはすべるんです。

なんでって・・・

「ほどけやすいように、結びやすいように」

だからですよ。

 

・工場閉鎖して海外に生き残りかけたリーガル

・「でん」とかまえたスコッチグレイン

 

来年の今ごろには結果出るでしょ。

 

書きすぎたな。

 

本題終了!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ワンクッション。

 

私自身はファッションに

すごくこだわりがあるわけではありません。

 

GUもユニクロも大好き。

無印も大好き。

・・・しまむらはちょっと嫌い。

 

しかし一線を越えていつも

どーしてもチェケラしてしまう人がいます。

ブルーノ・ボルテーゼ。

 

画像は貼れませんがリンクは貼れます。

http://www.brunobordese.com/

 

もうここにミカムのすべてが凝縮されてる。

なんなら来年まで見通してる。

 

 履き心地、悪いでしょう。

リペア、できないでしょう。

それでも脳をしびれさせる。

 

いつ見ても素晴らしい。

誰のマネもしない

いつもゼロからのスタート。

 

来シーズンあたりは

テクノロジーに手を伸ばすんじゃないかなと

勝手に期待してます。

 

いまだに「鬼才」と呼ばれています。

日本からは完全撤収してるはずですが

気になる方はどうぞ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

あらためて

 

【今日のおすすめの1足】

 

キーン

「ジャスパー」。

 

12980円。

 

ユニセックス

 

 

 

 

 

 KEEN

レディース:

KEEN WOMEN JASPER 【レディース】 キーン ウーマン ジャスパー SILVER MINK 1004347

メンズ:

キーン ジャスパー KEEN Jasper メンズ スニーカー シューズ 靴 トレッキングシューズ アウトドアスニーカー キャンプ 【正規品】

 

やったことないけど

「栗拾い」

行きてーなー。。。。

 

正直栗もそんなに好きじゃないし

どっちかっていうと「ウニ」派なんだけど

さすがに密漁はあかん。

 

インドア派の私ですが、

ここまで閉塞感が高まると悪夢を見るんです。

外に出たい。

 

もちろん一人で。

そして・・・・・

一日中寝ていたい。

 

好きな本読んで、

ずーーーーーっと焚火して、

テキトーなラジオ聞きながら

3時くらいまで起きて

寝落ちして12時くらいに目覚める。

 

あっ

ごめん。

魂が逃げ出しそうだったんで捕まえた。

 

ひとりならこれでいいでしょ。

団体orファミリーなら

ダナーフィールドですけどね。

 

出番がなくて実につまらん。

 

妄想力で乗り切ろう。

ガマンしてる場合じゃない。

アフターコロナに向けて準備しようか。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

それではまた明日!