毎日靴ブログ@元・靴設計士 兼 現・靴修理人 兼 シューフィッター 兼 靴マニアの こまつです。

東京某所で靴修理やってます。イギリスのノーサンプトンで靴のあれやこれやを学んで、20代の頃10年間靴の設計の世界にいました。30代からリペアの世界へ。靴フェチではありませんが、革靴からスニーカーまで、高いのから安いのまで、めったやたらと毎日書いていきます。。。

718 金持ちの履く靴に興味ある?

 

ダンベル何キロ持てる?」のノリですみません。

 

こんばんわ。こまつ(@shoes_komatsu)です。

なんとなくカタカナからひらがなに変えました。

中の人は変わってません。

 

金持ちの基準とは?

シンプルにカードです。

 

さすがに「戦車も買える」

アメックスのなんかすごいカードはみたこと

ありませんが

 

百貨店独自で出してるカードって

あるんです。

グレード別に。

 

まあ・・・

ここからは完全に噂で聞いた話なので

信じるかはまかせますが・・・・

 

百貨店の「すごいカード」というものが

あるんです。

年間〇千万以上買わないと手に入らない、

しかも自分から申請できない。

 

そーいう方々が履く靴と

その振る舞いを書いていこうか。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

①おっちゃん方

 

圧倒的にフェラガモのこれが多い。

ソース画像を表示

 

ビットモカシン。

10万前後。

 

コーデするのが時間のムダなんでしょうな。

ジョブズ現象。

これの色ちがいを何足も持ってる。

 

意外なことに修理にくるんですよ。

「買えばいいじゃん?」って思うでしょ。

ここでもキーワードは「時間」。

 

カカトが減った程度だと

リペアに1時間。

買うのだと半日かかるじゃないですか。

 

それにスリッポンだと

脱ぎ履きがラク

鏡面の必要もないので手入れもラク

 

しかし底がウレタンなので

加水分解の時はくるわけです。

オールソールは勿論できるんですが…

その時も

 

金「どれくらい時間かかりますか?」

こ「1週間ほどでございます」

金「・・・ちょっといったん考えます」

 

1週間より1日。

ここでも金額じゃなくて時間。

金持ちはとことん時間が最優先。

 

つづいて

 

②ご婦人方

 

なぜかこれも圧倒的。

シャネル。

ハイヒールは全く履きませんね。

シャネルのこれか、

フェラガモのこれか。

たぶん理由は一緒でしょう。

 

シャネルの靴はなんとなく全身シャネルだし

フェラガモも同様。

 

あ、エルメスもたまにくるか。

 

意外にシーズンごとじゃなく

ヘビをロテっていらっしゃる。

 

そーですねえ・・・

カカト2回換えたら

次の靴のハーフラバーを貼りに来るって間隔。

 

「上のお召し物には敏感ですが

靴は安定したいいモノにこだわりますね。」

 

ってフェラガモの人が言ってたので

まちがいないでしょう。

 

③ジュニアたち

 

お嬢さんたちはてんでバラバラ。

 

ただ野郎はだいたいこれ。

サンローラン。

 

なんでかこぞってサンローラン。

 

ぱっと見は格闘家の平本連みたいな感じですが

「ハーフラバー貼ってください」

みたいに敬語が使える。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

いやいや敬語が使えるって

当たり前でしょ、って思うでしょ。

 

逆。

 

タメ口の客に金持ちはいない。

成金か。

 

「百貨店の例のカード」のお客さんて

徹底的に礼儀正しい。

絶対敬語。

 

あとだいたいすいてる月曜に来る。

 

まあほとんどは外商経由で

「悪いところ全部直して」ってくるんですが

ご本人登場の時は

ほんと丁寧。

 

・靴置くときにも

「ここに置いていいんですか?」

・靴を見分してるときも

「汚い靴でごめんなさいね、でも愛着があって」

・会計すませたら

「よろしくお願いします」

 

・できあがって渡す時にも

「やっぱりプロですね」

そして100%

「お世話様でした」

これ100%言う!

 

言える?

私も靴屋トロールの時

お店の目が合った全員に

会釈はするし

 

試し履きさせてもらったら

「検討します。ありがとうございました」

とは言えるけど、

「お世話様でした」って

ムズかゆくて言えんな・・・・

 

それをさらっと言えるんだよね金持ちは。

 

それにできあがりもじろじろ見ない。

段差を指でカリカリしたりもしない。

一瞬なかば儀式的に見るだけ。

 

なんなら半分くらいは

「信用してますので、自宅へ送ってください」だよ。

絶対手抜けないじゃん・・・・(冷や汗)

 

言い方悪いけど、

礼儀正しさって「人たらし」なんだよね。

そりゃ信用もお金も寄ってくるわ・・。

 

 

長い話になってしまった。

 

本題終了。

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

【今日のおすすめの1足】

 

最近リペアにもどんどん

持ちこまれるようになったこれ。

 

バーウィックの

「プレーントウ」。

 

29700円。

Berwick 1707 プレーントゥ バーウィック シューズ ドレスシューズ ブラック【送料無料】

 

アッパーはガラスと言えばガラスなんですが

リーガルの3万円台のガラスみたいに

クリームが浸透するんです。

サフィールのクレムで5分で浸透)

 

またいい艶が出るんだよなあ。

ガラスレザーへの見方が変わった

1足です。

 

で、アウトソールがダイナイトに見せかけての

ビブラム。

 

個人的な感覚だとダイナイトより持ちます。

今のところコストもダイナイトより安いので

リペアもいろんな意味でしやすい。

 

30~40代のがっちりした方に

おすすめです!

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

それではまた明日!

お・・・お世話様でした。

なんか違うな(笑)