元・靴設計士 兼 現・靴修理人 兼 シューフィッター 兼 靴マニアのコマツです。

東京某所で靴修理やってます。イギリスのノーサンプトンで靴のあれやこれやを学んで、20代の頃10年間ほど靴の設計の世界にいました。30代からリペアの世界へ。靴フェチではありませんが、革靴からスニーカーまで、高いのから安いのまで、めったやたらと書いていきます。

468 この修理どうしたもんかな。

話が長い!

って自分で思うんです最近。

なのでぎゅぎゅってまとめます。

 

こんばんはコマツです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

マニュアルにない修理って

けっこうあるんですよ。

たとえば・・・「ベルトの穴開け」。

 

靴のベルトの穴開けは

メニューにあります。

靴なら5個まで300円。

 

しかしぶっといベルトの穴開けは

基本的にやってません。

リスクが全然違うので。

 

グッチのベルトの穴開け失敗したら、

その日の売り上げの半分以上もってかれます。

でもやるのが生き残る修理屋。

値段・・・・・2000円!

 

ハンドバッグにボールペンの跡。

防水スプレーをひと吹きして

鏡面の要領で落とす。

値段・・・・・3000円!

 

今日やったケースは

新品のハンドバッグをしまい込んでたら

鉄のとこのシールが劣化して

 Image

 ベッタベタに引っ付いちゃった。

トリーバーチの金具もそうだけど、

買ったらすぐ保護ビニール、とってね。

 

これをどう落とすか。

うーーーーーーーーん。

知恵を絞れーー。

 

これ使おう。

ソース画像を表示

 ドイツ生まれなのに日本製。

「激落ちくん」。

 

ひたすら水とこれで

こしこしこしこし30分。

Image

勝ちました。

 

さあこれ値段どうする?

原価はゼロに近いが・・・・

値段×リスク×知恵=4000円頂きました。

 

3か所あったんで、3か所で4000円。

妥当なとこでしょ。

お客さん、めちゃくちゃ喜んでたし。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

倉本聰のエッセイに

「知恵と知識、どっちが大事ですか」

って文章がでてくるんですが、

どっちも大事に決まってるじゃん。

 

知識なければ知恵も出てこないって。

知恵は正しい知識と場数からしか生まれん。

その上の知識はプライスレスだよね。

 

あ、ちなみに激落ちくん、

ふだんはスニーカーのミッドソールの

汚れ落としに使ってます。

結局これが一番早い。

 

カサ修理もやってます。

帆に穴があいてたら

これ使います。驚きの超強力テント補修用幅7.8cm×8m防水粘着テープグリーンリペアシート5枚付【送料無料】mmk-n30

 

 テント補修用テープ。

を丸く切ってペタ。

作業時間30秒。

 

・・・・・・300円!

安いか?

ちなみにスニーカーの破れでも

非常に有効です。

革より強いし防水だし。

 

・・・・・・まだ書きたいけど、

あえて本題終了!

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

【今日のおすすめの1足】

 

ナイキ

「 エア ヴェイパーマックス

 2020 FK」

 

18480円。

f:id:shoesmaster:20210722224201p:plain

 

 

 

 

【限定 SALE セール】NIKE AIR VAPORMAX 2020 FKナイキ エア ヴェイパーマックス 2020 フライニットBLACK/DARK GREY-BLACK

 

いやようやく手の届く値段になりましたね。

ヴェイパーマックス。

 

通常で3万オーバーでしたから。

これくらいの金額が妥当だって。

 

あと地味にオールブラックじゃないとこも

個人的に好き!

チャラ男感がない!

 

夏の男のビジカジには

最高ですよ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

それではまた明日!