元・靴設計士 兼 現・靴修理人 兼 シューフィッター 兼 靴マニアのコマツです。

東京某所で靴修理やってます。イギリスのノーサンプトンで靴のあれやこれやを学んで、20代の頃10年間ほど靴の設計の世界にいました。30代からリペアの世界へ。靴フェチではありませんが、革靴からスニーカーまで、高いのから安いのまで、めったやたらと書いていきます。

143 世界一わかりやすいコスパのいい靴・子供靴

こんにちは。

靴修理人 兼 シューフィッタ― 兼 靴マニアの小松です。

コスパのいい子供靴、

と書きましたが、実は

全ての子供靴はコスパがいいんです。

「は?」と思うでしょ。

わかりやすく言うと、

大人の28㎝の靴つくるのと、

子供の16㎝の靴つくるのでは、

かかる製造費はほぼ一緒です。

ヘタすると小さい分、子供靴の方がつくりづらいので

コストはむしろ上かもしれません。

でも、「たかが子供の靴」に7,000円とか

かける人は少ないと思います。

でも、大人の靴で7,000円だったら、

「あれ、ナイキにしては安くない?」って

思いません?

はっきり言って、子供靴ってメーカー側は

ほとんどもうけがないんです。

半分ボランティア精神といってもいいでしょう。

なので、今回は値段別ではなく

「ボランティア度」でおすすめを紹介します。

①ナイキ ダイナモ フリー

3,000円~6,000円(サイズによる)

最高の子供靴です。

発売されたのは15年以上前ですが、

ずっと売れ続けてます。

まず、見ての通りひもがない。

はかせやすい。ぬがせやすい。

かかと芯がはいってないので、ふみつぶしOK。

そしてなにより、

足の裏の筋肉をきたえるんです。

今はだいぶ影をひそめていますが、

ナイキが一時期「はだしで鍛える」をテーマに

つくったのが「ナイキフリー」です。

大人の場合だと体重があるので、

結果的には「鍛えるより先にヒザが壊れる」

シューズになってしまいましたが、

子供ならその心配がありません。

ファーストシューズから小学3年くらいまでは

ずっとこれ1択でもいいと思います。

   ナイキ ダイナモ フリー TD DYNAMO FREE TD 343938 021 ジュニア キッズ・子供 スニーカー : グレー×グリーン NIKE 楽天で購入

ニューバランス 313

4,000円~5,000円

これがいいのは、

ワンベルトで簡単に脱ぎはきさせれます。

だっこしながら、片手でいけます。

うちの子にはこれを履かせてました。

当時は320とか574とかのキッズ版でしたが、

つくりは一緒です。

まったく手抜きなしでつくられてます。

ちゃんと曲がるべきところで曲がり、

インソールもとれるので

サイズをしっかり目視しながら選べます。

   ニューバランス ベビー キッズ ジュニア 313 new balance IO 313 NV PK BW RN BY PP GR LC 子供靴 スニーカー 楽天で購入

③アシックス スクスク メキシコナロー

4,000円~5,000円

   【全P5倍★8月30日(日)限定】ベビーシューズ スニーカー キッズ 男の子 女の子/アシックス asics スクスク メキシコナロー BABY4/ベビー靴 細身 ナロータイプ 幅狭 13-15.5cm スポーティ カジュアル ベルクロ 運動靴/1144A008 楽天で購入

 

これもうちの子にはかせてました。

ニューバランスとちがって2ベルトです。

でも、はかせやすいし、ぬがせやすい。

1ベルトか2ベルトかは、好みですね。

これも容赦なく大人用と同じつくりこみです。

なんせアシックスの「スクスク」は

「ちゃんとした子供靴」のパイオニアです。

これが出るまでろくな靴ありませんでしたから。

まじで頭さがります。

・・とまあ、ひとまず3つおすすめを紹介しました。

あれ?瞬足は?バネのチカラは?

と思われた方。

大丈夫です。

瞬足も、バネのチカラも、数年前より

格段につくりがよくなっています。

お子さんが「こっちの方がかっこいい!」

と言ってたら、そっちにしてあげて下さい。

ただ、成長の上では①②③が抜きんでています。

一応、逆も紹介しましょう。

デザインが良くても、このへんはあんまり

はかせたくない。

オールスターのキッズ版ですが、

曲がっちゃいけないところで曲がります。

=O脚か、X脚になります。

中で足すべりますし、超蒸れます。

アディダス スーパースター キッズ

ナイキ エアフォースワン キッズ

こちらは、曲がらなさすぎる。

アディダスは脱げやすすぎて危険だし、

エアフォースは、子供の足にとっては

硬さ、蒸れ、靴ずれ、すべてが

拷問と言っていいでしょう。

あくまで、「おしゃれ靴」としてとらえてください。

「魅せる」靴であって、

「歩く」靴ではありません。

それではまた明日!