元・靴設計士 兼 現・靴修理人 兼 シューフィッター 兼 靴マニアのコマツです。

東京某所で靴修理やってます。イギリスのノーサンプトンで靴のあれやこれやを学んで、20代の頃10年間ほど靴の設計の世界にいました。30代からリペアの世界へ。靴フェチではありませんが、革靴からスニーカーまで、高いのから安いのまで、めったやたらと書いていきます。

140 ミズノのかじ取りのうまさよ!

こんにちは。

靴修理人 兼 シューフィッタ― 兼 靴マニアです。

いやー、

あっというまに売り切れちゃいましたね。

ミズノエナジー

THE MIZUNO ENERZY(ランニング)[ユニセックス]

27,500円。

ランニングシューズです。

集合体恐怖症のかた、ごめんなさい。

「ミズノエナジー」っていう

「反発力のみ」の素材でつくられてます。

結局一度もショップで実物みれませんでした。

しかしこのデザインしたの誰?

良くも悪くも、つきぬけてますよね。

で、

最近のミズノといえばマスク。

これもあっというまに

売り切れましたよね。

ユニクロより全然早かった。

「オリンピックがダメならコロナがある」という

ビジネスチャンスを逃さないしたたかさ。

さらに、今日実物をはじめてみたんですが、

最近、紳士靴のマドラスと組んで

革靴にもからんでるんです。

メディア掲載情報
マドラス ミズノ に対する画像結果

23,000円。

アッパーがマドラスで、ソールがミズノです。

マドラスといえば、「いつもどこかに穴がある」

というのが難点だったんですが、

このシリーズだけはどこにもスキがありません。

ヒールに「ミズノウェーブ」という定番の

衝撃吸収&反発材をつかっています。

軽い。

修理もできる。

アッパーも樹脂加工が弱めなので、磨けます。

アシックスのランウォークがすべて自社内で

つくっているのに対し、

「おたがい得意分野で攻めましょ」といわんばかりの

分業体制。

マドラスオンリーの「マドラスウォーク」は

正直ぱっとしません。

なんせヒールが削れたら修理できない。

アッパーの革も「完全樹脂加工」されてるので

磨けない。

ミズノとのコラボはそれを全部ひっくりかえしました。

お見事・・!

またなんかの分野でびっくりする商品を

たぶん今も淡々とつくっていると思います。

それではまた明日!