元・靴設計士 兼 現・靴修理人 兼 シューフィッター 兼 靴マニアのコマツです。

東京某所で靴修理やってます。イギリスのノーサンプトンで靴のあれやこれやを学んで、20代の頃10年間ほど靴の設計の世界にいました。30代からリペアの世界へ。靴フェチではありませんが、革靴からスニーカーまで、高いのから安いのまで、めったやたらと書いていきます。

120 オーダーメード靴をやめた理由(続き)。

こんにちは。

靴修理人 兼 シューフィッター 兼 靴マニアです。

20~30代のころ、ちょくちょく仕事のかたわら

オーダーメードの靴をつくっていました。

いちばんたいへんだったのは、糖尿病の外人さんで、

英語だけで(むこうは日本語がわからない)オーダーをうけたときです。

イギリスのノーサンプトンで1年すごしたことがあったので、

なんとかいけました。

それに本当は糖尿病のケースは病院をとおして、

義肢装具士がつくらなければいけないそうです。

ただこの外人さんは諸事情があり、病院とも義肢装具士さんとも

おりがあわず、いつのまにか私がつくることになりました。

1足目を気にいってくださり、

結局もう1足と室内用のスリッパまでつくりました。

結果からいうと、ものすごく喜んでくれました。

ほとんど外に出られなかったのが、台風の日まで

電車を使って移動できるようにまでなり、

私もうれしかったです。

1足目に費やした時間は約4か月。

2足目とスリッパはそれぞれ約2か月でした。

きのうの計算だと、それぞれ120万円、60万円で

ようやくトントンになる計算ですね。

これは今ふりかえるからわかるんです。当時はバカでしたねー。

結局そのかたもすごく裕福というわけではなかったので

靴は7万円、スリッパは2万円で了承しました。

苦い思い出です。

 

大大大×10くらいの赤字でしたから。

今なら心を鬼にして、はじめから断ったか、値段をごり押ししたはずです。

それ以来オーダーメードの靴づくりはやめました。

知人にももちろん靴づくりをなりわいにしている人たちも

いましたが、

30人ほどの知り合いのうち、20年たってまだ靴づくりで

生計を立ててる方は1人だけです。

あ、花田さんではありません(笑)。

その方も靴づくりだけでは全然食っていけないので、

基本は靴修理と靴づくりのワークショップを並行して

やられています。

ちなみに、

あの花田さんもけっこう叩かれましたが、

まあ納期がおそいのはたしかに悪いと思いますが、

「値段のわりにクオリティが低い」という意見は

前述した背景があったはずです。

かりに彼が10年とかイタリアで修業したとしても、

3か月納期の靴を60万円でつくることは

日本では絶対にできません。

さて。

今の世の中、もし健常者の方ならオーダーメードしなくても

合う靴は「絶対に」あります。

オーダーメードが1足最低30万かかると思ったら、

10万円の既成靴が3足買えるわけですよね。

ちょっと考えてみてください。

「10万円の靴でも本当に足に合わないでしょうか?」

既成靴に10万円以上出せるとなったら、選択肢は無限にひろがりますよ。

エルメスは試しましたか?

ベルルッティは試しましたか?

ヴィトンのスニーカーは試しましたか?

みたいな話になってくるんです。

もっというと、

「歩くための靴」

「魅せるための靴」

混同していませんか?

また話が長くなっちゃいましたね。

キンキンに冷えたスーパードライが待ってるので、

また明日!