元・靴設計士 兼 現・靴修理人 兼 シューフィッター 兼 靴マニアのコマツです。

東京某所で靴修理やってます。イギリスのノーサンプトンで靴のあれやこれやを学んで、20代の頃10年間ほど靴の設計の世界にいました。30代からリペアの世界へ。靴フェチではありませんが、革靴からスニーカーまで、高いのから安いのまで、めったやたらと書いていきます。

70 ホカオネオネ実体験記録②クリフトン③マッハ 結論:やっぱりやばい

Y君からのレポートの続きです。

>クリフトン6・通勤用として使用。

 【限定クーポン配布】ホカ オネオネ クリフトン 6 スニーカー HOKA ONE ONE CLIFTON 6 メンズ ブラック 黒 ローカット シューズ ロードシューズ ランニング スポーツ 靴 ブランド レッド ブルー 誕生日 プレゼント ギフト
価格:12980円(税込、送料無料) (2020/6/17時点) 楽天で購入

出張先で林道歩いたり、斜面を登ったり下りたり、結構ハードな使い方。このシリーズにはワイドモデルもあるようだけど自分には全く必要なかった。(そもそも幅についてはこれまでもどんな靴履いてもキツく感じたことはない。脂肪も局所的につかない場所のようだ)
ボンダイと違って紐は全く伸縮性がない(きちんと差をつけるところが驚き)。
履いた感じもゆるい。だから履いてて楽。つまり、ソールも分かりやすく柔らかくする必要があったのだろうなと。ボンダイを体験していなかったらボンダイ6で書いたようなことをなぞるように感じていたと思う。
ちなみに自分は現行ラインナップで一番好きなデザイン。普段履きには最適だったなって思っています。

>マッハ

 あす楽 ホカ オネオネ ランニングシューズ マッハ 1019279-NSSP グリーン(GREEN) HOKA ONE ONE MACH メンズ ジョギング スニーカー 運動靴 靴 緑 cat-run
価格:9900円(税込、送料無料) (2020/6/17時点) 楽天で購入

上記2シリーズとは立ち位置が明らかに異なると思う。下り坂を歩いたり、走ったりという時に顕著なんだけどボンダイとクリフトンは、足の裏全体にクッション感じるんだけど「カカトから着地⇒土踏まず着地⇒つま先部着地⇒蹴り出し」の行程の全てで。
マッハは土踏まず着地あたりから明確にクッションじゃなくて反発を感じるんだよね。
アッパーも通気性に特化しているようで常に風を感じます。メッシュの網目が粗いのかな、履いているソックスの色や柄が透けるほど。(初代のアディダス・クライマクール、イングランド代表カラー限定モデルを履いていたことがあるけど同等かそれ以上。クライマはソールにも孔が空いていて雨の日はNGだったけど…)
もっとスピード出して走る用かな。自分にはもう少し体重減らしてからの方が良いかもしれない。通気性事態は上記2シリーズも抜群に良いしね。
歩くのも走るもの「楽しく」なる。遠回りしたくなったり、敢えて登ったり。箱開けた瞬間に目に飛び込む”Time to fly!”もアガるよね。身体の痛みからも開放された。
たかがシューズかもしれないけど日常の中に「できること」を増やして彩りを加えてくれた大事なシューズです。

以上がY君からのレポートでした。俺より文章うまい・・。

オリンピックが消えても厚底戦争は続いています。ガチンコだとナイキ、NB、アシックス、ブルックス、サッカニー、スケッチャーズ。カジュアルだとアグ、パトリック、ミズノ。

ま、でもデイリーユースならホカオネオネ一択で間違いないでしょう!

では今回はこのへんで!