元・靴設計士 兼 現・靴修理人 兼 シューフィッター 兼 靴マニアのコマツです。

東京某所で靴修理やってます。イギリスのノーサンプトンで靴のあれやこれやを学んで、20代の頃10年間ほど靴の設計の世界にいました。30代からリペアの世界へ。靴フェチではありませんが、革靴からスニーカーまで、高いのから安いのまで、めったやたらと書いていきます。

7 老人靴

今回はあまり語られることのない年配の方(具体的にいえばオーバー70歳の方々)の靴のお話です。たとえばみなさんの親御さんはどんな靴を履いてますか?

業界では表現をぼやかして「シルバーシューズ」というネーミングを流行らせるとかなんとか・・・個人的にはどうでもいい話です。プレミアムフライデーみたいなもんですね。

人は足から老化が始まります。足が折れる=寝たきり 膝を悪くする=運動不足 運動不足=こける  といったところでしょうか。

まどろっこしい話はやめましょう。独断と偏見でオーバー70の方のお勧めの靴をランキングします!

女性部門第1位  ボンステップ(大塚製靴・日本)滑らない・転ばない・とにかく軽い・柔らかい。スニーカーしすぎてない。スニーカーっぽくないのも結構ある。1万~1万5000円でたいてい買える。かかとの削れくらいならその辺の修理屋で2000円以内で直る。・・・等々。

同2位 fitfit(フィットフィット・日本) 理由はほぼ上に同じ。外反母趾に特化してるのと、値段がリーズナブル。店が都市に集中してるのと、ややスポーティ寄りで好き嫌い別れると思います。

同3位 ヨネックス(日本)  完全にレザースニーカーですが、アッパーに合皮を使っていてメンテがほぼ不要(汚れたら水拭き)。紐の横にチャック付き。アシックス・ミズノのウオーキングシューズに比べ、ふたまわり安い。ハズレが少ない。

特別賞 アシックス ライフウォーカー(日本)  画像見ればわかりますが、いわゆる介護靴です。介護する側が「履かせやすい」「脱がせやすい」、履く側が「履きやすい、脱ぎやすい」「こけにくい」「滑りづらい」を体現したのがこのシリーズです。もちろんこのシリーズの前から、いわゆる介護コーナーにこの手の靴はありましたが、とにかく「ダサい」「履きたくない」「履かせたくない」「買ったら人生が一気に短くなる気がする」という重い重い問題がありました。そのイメージをかなり盛り返したのがこれです。私の親もいずれお世話になると思いますが、その時はアシックスライフウォーカー一択で考えてます。

 

紳士部門同率1位  ボンステップとアシックスライフウォーカー(日本)

説明不要です。他はやめた方がいいです。

 

もし私個人がいずれ介護靴のお世話になるとしたら、あるいは妻がなったら、第3の選択をしたいです。

「ハイテクスニーカーのカスタム」です。見た目はどうあれ、アッパーにざっくり切り込みを入れて、金属ファスナーか磁石かマジックテープでワンタッチで着脱できるようなものを自分でつくるか、他の職人さんに依頼します。両足でアンダー2万くらいでできると思うんですよねえ・・。

長くなりました。また次回!