元・靴設計士 兼 現・靴修理人 兼 シューフィッター 兼 靴マニアのコマツです。

東京某所で靴修理やってます。イギリスのノーサンプトンで靴のあれやこれやを学んで、20代の頃10年間ほど靴の設計の世界にいました。30代からリペアの世界へ。靴フェチではありませんが、革靴からスニーカーまで、高いのから安いのまで、めったやたらと書いていきます。

235 ネットでのサイズ問題。意外ですが、実店舗でもおなじです。

こんにちは。

靴修理人 兼 シューフィッタ― 兼

靴マニアのコマツです。

ネットで直接買うと、サイズが不安ですね。

私がやってる方法。

実店舗にいって、カラーはどうでもいいから

同じモデルを3サイズくらいはき比べます。

で、ネットで買う。

まちがいないですよね。

スニーカーならこれでまず問題ありませんが、

問題なのは革靴やパンプスと、

限定モデルのような

試し履きできないようなスニーカー。

・・・残念ながら、

ネットでいきなり買って

100%フィットできる技術は

むこう20年はないと断言します。

理由はのちほど。

〇日間、サイズ交換可能!ってうたっていても

返送の手間が100倍めんどうですよね。

ネットでの「スタッフが履いてみた」的レビューも

ほとんど役にたちません。

170万(!)するこんな機械も、

 

 

一流アスリート以外、なんの役にもたちません。

・・・・・・・・・・・・・・・

なんでネットでフィッティングの技術が

できないと断言するのかというと、

足って、五感の中で「味覚」と同等くらいに

超優秀なセンサーなんです。

とにかくデータの量が多すぎる。

骨。体重。脂肪率。歩きぐせ。

そして神経。

靴の中にわずかな小石がはいっただけでも、

全員が靴脱いで、とりだすでしょ。

靴下のたるみも気持ちわるいでしょ。

座ってはいた時と、

立ってはいた時と、

歩いてみた時と、

走ってみた時の感触、

ぜんぶちがうでしょ。

ヒザとか腰にトラブルかかえてるひと、

巻き爪のひと、

古傷かかえてるひと。

同じ体重で同じ靴はいても、

全然はきごこち、ちがうでしょ。

ZOZOマットはものすごく革新的でしたが、

うまくいった人の方が少ない。

だから、

AIがどんなに発達しても、

現物をはかずして100%フィットする技術は

むこう20年はムリだと断言します。

サスティナブルが流行ってるので、

いっそのことみんな草鞋(わらじ)をはけば

全部解決しちゃうんですが。

・・・・・・・・・・・・・・・・

そしてかなりの人が

「実店舗で、実物をじっさいはいてみて」も、

革靴やパンプスだとネット並みの

ミスをおかします。

罠①

自分のサイズの先入観。

だいたいここで失敗します。

以前もお話ししましたが、

メーカーは

実寸なんか測っちゃいません。

A社とB社とC社の24.5㎝はぜんぶちがいます。

幅も、JIS規格なんかまもっちゃいません。

罠②

シューフィッタ―の存在。

シューフィッタ―をまんま信じちゃダメです。

あくまでも「参考程度」に使いましょう。

私のような変態でないかぎり、

「足ははかるけど靴ははからない」。

「幅ははかるけど、かかとカーブははからない」。

「はいてフィットしても、歩き方をみていない」。

「靴をみた瞬間に、木型がイメージできない」。

「話が長い」。

まだまだ未熟な存在なんです。

 

靴修理のベテランとか、設計してる人を

同伴できれば最高なんですがねえ・・・。

あっ。

このビジネス、自分でやってみようかな。

(メモメモ・・・・)

罠③

妥協点がわからない。

その靴を何時間はくのか。

かなり歩くのか。

しまいっぱなしが多いのか。

痛みに敏感か鈍感か。

むくみの増減がどれくらいあるか。

むくむのは朝なのか、夕方なのか。

・・・・・・・・・・・・・・・

結論。

この2020年でも、

「目をとじて履いた時の直感」。

これしかない。

なんだ、と思うでしょうが、

意外と直感を研ぎすますのが

正解への最短距離です。

はいた瞬間、数万というデータが一瞬で

脳に送られます。

それが「直感」です。

サイズの数字。

シューフィッタ―やレビューのノイズ。

思い込み。

勇気を出して、全部ガン無視してください。

そして、なんども失敗してください。

オーダーメードしなくても、

必ずフィットした靴に出会えます。

あ、

あと私のような「つかえるマニア」を

最大限、活用してください。

足と靴の無料相談、ブログでも

ツイッターでもやってます。

・・・・・・・・・・・・・・・

【今日のおすすめの1足】

メレル ジャングルモック

「アイスプラス」

¥17,000前後。

   メレル ジャングル モック アイス プラス メンズ ガンスモーク MERRELL JUNGLE MOC ICE + メンズ ウィンターシューズ 撥水 vibram ヴィブラム 冬用ソール 37829 楽天で購入
   メレル ジャングル モック レザー ウォータープルーフ アイス プラス メンズ ブラック MERRELL JUNGLE MOC LEATHER WATERPROOF ICE + メンズ ウィンターシューズ 撥水 保温 vibram ヴィブラム 冬用ソール 33595 楽天で購入

メインのテーマつながりですが、

靴ってパーツが少なければ少ないほど

フィットします。

究極はこれでしょう。

外反母趾も、ヒザ痛も、

歩きぐせも、かかとカーブも、

足の幅も

あんまり関係ないというおっそろしい靴。

万人に80%くらいの確率で

フィットします。

ややカカトがゆるいかな、と思いますが

スリッポンなんでそのへんは

ざっくりみてください。

歩いていて靴が吹っ飛んでいったりはしないはずです。

そしてこのアイスプラスは

おなじみのジャングルモックと同じアッパーですが

ソールが滑りません。

たぶん、スケートリンクにぽいっと

投げ出されても、転べないはずです。

しかも減りづらい。

お値段はノーマルよりちょっとお高めですが、

ころんで骨折して入院して・・・・・

って考えると、ぞっとしませんか?

そしてこのジャングルモック、

日本津々浦々、けっこうどこにでも置いてるので

フィッティングが容易。

ノーマルモデルとアイスプラス、

まったく同じサイズ感です。

ABCマートならレディースサイズもメンズも

ほぼ100%おいてます。

アイスプラスモデルだと、大型のスポーツ店か

アウトドアショップにあります。

・・・・・・・・・・・・・・

それではまた明日!