元・靴設計士 兼 現・靴修理人 兼 シューフィッター 兼 靴マニアのコマツです。

東京某所で靴修理やってます。イギリスのノーサンプトンで靴のあれやこれやを学んで、20代の頃10年間ほど靴の設計の世界にいました。30代からリペアの世界へ。靴フェチではありませんが、革靴からスニーカーまで、高いのから安いのまで、めったやたらと書いていきます。

549 靴磨きは「磨き」だけじゃない。

たとえば。

 

・カビ落とし

・キズ隠し

・味出し

 

も「磨き」のひとつです。

 

最近なんとツイッターより

グーグル経由でブログを読んでくださる方が

上回りまして(!)。

 

なのでツイッターに挙げてる写真も

がんがんブログに載せていきます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

邪道も邪道なんですが、

最近モノによっては磨きでも

「汚れ落とし」を使いません。

 

水分も油分も事前に

吸わせたくないので。

そういう靴も確実にあります。

 

エアダスターか馬毛ブラシのあと

乳化性クリームすらも使わず

鏡面用のポリッシュのみで仕上げたのがこれ。

Image

ビフォー。

Image

アフター。

 

ワークブーツ

磨きの応用です。

 

本来のキズ隠しだと

 

・リムーバーで汚れ落とし

・紙やすりでキズをならす

・アドカラーでキズを埋める

・乳化性クリーム

・ポリッシュ

 

・・・・・って

40分はかかるんですよ。

正直やってらんない。

 

いや、そうは言っても

今でも色モノや明るい色には

この王道でやってます。

これは手抜きするとしっぺ返しくるんで。

 

しかし肉厚の革で

黒・こげ茶なら

ポリッシュ一発が最適解。

 

Image

さっきの写真のビフォーですが、

もう紙やすりかけてるようなもん。

 

さらにさわった感じ、

買ってから

一度も手入れしてないのは明らか。

 

 

f:id:shoesmaster:20211012212720p:plain

(ピカピカ靴磨き 様より転載)

ちょっと脱線しますが、

そして転載の許可も頂いてないんですが

私の「鏡面磨き」の師匠は一方的に

この方です。

 

ピカピカ靴磨き 花菱HANABISHIオーダースーツのデザイン紹介 - 楽天ブログ

この方のブログをお手本に

鏡面磨きを体得しました。

この場を借りて御礼申し上げます🙇。

 

なのでドライワックスも

あんまり使いません。

 

ポリッシュをこれくらい

ドロドロにしてから、

キズを埋める感じで塗りこんで

5分放置。

 

霧吹きで水をかけて

豚毛ブラシから乾拭きで

Image

こうなります。

 

しかも水分も油分もしっかり入り

強烈に水も弾くので

一石三鳥。

 

実はこれ

レディースサイズの

コンフォートブーツなんですが

360度キズだらけでした。

 

渡したのは師匠。

私はどうしても手が離せなかったんで

会釈だけですませちゃったんですが

超喜んでました。

 

嬉しいですよね。

こういうの。

 

でもこんなワザもこの半年くらいですよ。

昨日(12日)は

レッドウイングの日でしたが

レッドウィング RED WING ブーツ チャッカブーツ クラシック メンズ CLASSIC CHUKKA Dワイズ ブラウン 3137

 

 

いつになったら

レッドウイングシティと

赤羽(東京都北区)は

姉妹都市になれるの?

 

って話はどうでもいいいね。

 

何日にか前にも書きましたが

「キズはいいから味を出して」

ってリクエストから

(それアリかも)って教わった。

 

f:id:shoesmaster:20211003215638p:plain
f:id:shoesmaster:20211003215659p:plain
f:id:shoesmaster:20211003215543p:plain
f:id:shoesmaster:20211003215604p:plain


これとか、

Image

 

Image

これとか。

 

最適解でしょ?

お客さん喜んでたしね。

 

下の写真のアイリッシュセッター

ただのオールソール案件だったんですが、

うっすらカビも生えてたんで

勝手にやっちゃいました。

 

これも今考えればクレムより

カビ用ミスト+ポリッシュの方が

もっと良かったな。

 

そうだカビ。

 

最近(今日だ)だと

こんなの。

Image

ビフォー。

Image

アフター。

 

はい。

ビフォーの写真ではかなりの案件だったので

ビニ手使ってます。

 

白カビはこいつで殺す。

 

コロンブス

「カビ用ミスト」。

 

何気なく売りつつ使ってたんですが、

ふとみると

Image

「カビを拭き取るときにも

使えます」。

ってはっきりくっきり

書いてあるんですよ。

 

たしかに。

めちゃくちゃカビとれる。

地味に1年以上売ってますが好評。

意外によそで売ってないし。

 

おんなじ効果で

モウブレイの「モールドクリーナー」が

あるんですが・・・

 

性能は超優秀。

下駄箱にぶっかけていいくらい

たぶんコロンブスと性能は同等。

 

だが名前がダメ😥…。

 

「カビ取り」ってわからんもん。

販売員がそもそも知らんし。

 

業務用ではアリですが、

正直これは売りづらいかもですね。

マニア以外には。

 

名前ひとつなんだよな。

勝手に命名するなら

「KABI-KOROSHI」かな。

カビキラーは商標登録されてるから。

 

メインの話終了。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

デザートタイム。

 

コロナの地獄の自粛以降

私は読書家に戻りました。

 

もとから本は好きだったし

というか

活字中毒者。

 

 

最近ツイッターのフォロワーさんから

勧められたこれは

難敵だけど「がしっ」ときた。

 

「ブルー・オーシャン戦略」。

ビジネス書です。

 

 

 

ぶっちゃけ超難いです。

アンチ本も出てます。

ってことはホンモノです。

 

白状しますが、並行して

ユーチューブの音声ガイドも使いながら

2週間でなんとか飲み込みました。

 

要は・・・

「オリンピックの100メートルで金とるより

カバディで金メダルとった方が効率的

かつ 金メダルの価値は変わらない」

「でもカバディの代表枠とるのも

めちゃくちゃ大変。

それでもボルトと無駄に競うよりはマシ」

 

って今のところ捉えてます。

あ、カバディはもう正式種目じゃないか。

 

このブログでもいろいろ試します。

数日前からいろいろ仕掛けてます。

 

本題終了!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【今日のおすすめの1足】

じゃないわ。

1品。

インソール。

 

革靴にも全然いける。

 

シダス

フットボール3D」。

 

4000円ちょい。

 

ユニセックス

SIDAS シダス フットボール3D 3152051 アスレ インソール

 

浅野・・・・

よく決めた(オウンゴールではあったけど)!

 

南野!

田中!

 

わあああああああああーーーー!!!

 

すんごいね。プロは。

すごい。。。。。

 

こじつけじゃないけど、

サッカー用のインソールと

革靴ってなにげに相性いいんです。

 

オリジナルのインソールが取れれば、って

前提ですが、

アシックスやホーキンスなどは

ほぼ取れます。

 

で。

そこに入れるのはサッカー用。

なんせウェストとカカトが

極限まで絞れてる。

 

入れてもシワシワにならない(断言)。

滑り止めもがっつしだし

機能に至ってはもう・・・・。

 

相談室にもよくお悩み来ますが、

とりあえず変な

「ビジネス用インソール」より

サッカー用の方が絶対マシ。

 

大型スポーツ店なら

サンプルはセルフだから

シダスでもスーパーフィートでも

試してみなー。

 

「抜かれるなら

 度肝がいいよね」

 

コマツ

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

それではまた明日!