元・靴設計士 兼 現・靴修理人 兼 シューフィッター 兼 靴マニアのコマツです。

東京某所で靴修理やってます。イギリスのノーサンプトンで靴のあれやこれやを学んで、20代の頃10年間ほど靴の設計の世界にいました。30代からリペアの世界へ。靴フェチではありませんが、革靴からスニーカーまで、高いのから安いのまで、めったやたらと書いていきます。

415 靴を1700足ダメにした話。

昔の実話です。

 

20代で靴設計やってたんですが、

最大にやらかしたのが

表題の件。

 

某リーガルから

リーガルウォーカーの

「マジックテープ」版の依頼があり、

実際20数年前はかなり売れた方です。

残念ながら今では廃番。

 

型紙もさくさく進んで、

先方が「行ったきり」

マジックテープを提案したのに対し、

私は「行って来い」を提案した

・・・って

もう意味わからんでしょ。

説明します。

 

これが「行ったきり」のマジックテープ。

対して、

こっちが「行って来い」

伝わるかな・・・。

 

ほら、下の写真のやつは

ベルトが「行って」、

D管っていう金具にくぐらせて

 

f:id:shoesmaster:20210530210313p:plain

「D管」。

「帰ってきてる」でしょ?

・・・・気合で伝われ・・・。

 

たったこれだけで

ホールド感が全っっっったく違うんです!

折り返し地点のD管が

テコでいう「支点」になるので。

 

話もどします。

とにかく「行って来い」案が採用され、

型紙から、

サンプルから、

生産の段取りまで

ほいほい進みました。

 

受注も初回でいきなり1700足。

売れ行き次第では

数万足って話もあったんです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

ところで。

 

①マジックテープはこういう構造。

ソース画像を表示

 

↑これは電子顕微鏡で撮影したもの。

 

フックになってる「オス」と

ふわふわしてる「メス」が

うまいことからんでるでしょ?

 

どっちもナイロン製です。

特徴があって

ドライヤーとか、

洗濯機の乾燥機とかの

「熱」に弱い。

変形しちゃうんです。

 

そして②

 

既成靴は木型に入れて寝かすんです。

革に形を憶えさせるのにね。

5万円超えるような高級靴なら2種間くらい。

これが本来。

 

しかしスピード重視の大量生産では、

革に猛烈に熱を当てて

インスタントに成型します。

 

「熱風機」っていう

ドライヤーが小型の冷蔵庫くらいの

機械があるんですが、

もうこれ命がけですよ。

革焦がしてもダメだし、

集中力いるし、

当然ヤケド防ぐために年中

「革手」を装着して

立ちっぱなしでアッパーに熱風を吹きつけるんです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

どうなったかわかりますよね。

 

熱当てると、

マジックテープのフックが

「ぴーーーーーーん」ってなるんです(笑)。

 

第一報が入ったのが夜7時。

 

コマツちょっときて(焦)!」って

内線で社長に呼び出されて。

あ、この社長、

893を殴るくらいの超武闘派です。

 

いそいで2階の検品場に行ったら・・・

 

はいもう死屍累々ですよ。

 

靴は完璧な出来なのに、

マジックテープだけがつかない

っていうね。

 

しかも納期間に合わないから

1日フルにその靴だけに工場だけが

フル回転したんですよ。。。。

だから誰もミスに気づけなかった。

 

いいですか!これ読んでる方!

「マジックテープに熱当てちゃダメ!」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

後始末は

・リーガルへのペナルティ

・会社単位での自腹の作り直し

=東京ドームを1日貸切る額

でした。

 

しかし意外にもこの時の社長は

ブラック企業ではあったものの)

一切私を責めませんでした。

 

「俺も知らなかったなーーー(笑)。

サンプルじゃ熱あてんもんなー・・・」

って言っただけで、

別に減給もされることなく、

私をロシアンパブに連れて行ってくれて、

ロシア人のおねーちゃんに囲まれて

朝3時くらいまで飲みました。

 

ちなみにこの後、

絶対熱風禁止令が出て、

ブーツの応用で熱コテ仕上げに変わり、

5万足超売れましたとさ。

(ドヤァ)

 

めでたしめでたし。

 

この時の社長と、今同じ歳になりました。

感慨深いです。

 

今はもうその工場はありません。

社長が今どうしてるのかも

知りようがありませんが、

この場を通して感謝します!

 

本題終了。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ご褒美タ――――イム!

 

【今日のおすすめの1足】

ナイキ「デイブレイク」。

 

1万円前後。

 

メンズには70年代風カラー。

 

NIKE DBREAK DB4635-300 LIMELIGHT/ELECTRO ORANGE-HEALING JADEナイキ デイブレイク ライムグリーン エレクトロオレンジ メンズ スニーカー

 

 ★★[ ナイキ ] NIKE デイブレイク SC スニーカー

 

 レディースにはモノトーン。

アローズとのコラボか・・。

 

UNITED ARROWS green label relaxing ★★[ ナイキ ] NIKE デイブレイク SC スニーカー ユナイテッドアローズ グリーンレーベルリラクシング シューズ スニーカー/スリッポン ブラック ホワイト【送料無料】

 

 巷で噂ですが、

エアマックスよりもはき心地がいい」

らしい。

 

私も試しました。

うん、たしかに。

 

原因これだね。

なんてことないワッフルソール。

しかしこれがアスファルトには

利くんだなあ。

 

 ちゃんとしたワッフルソールって、

かなりの段差があるんです。

凹凸で3ミリくらいあるんじゃなかろうか。

これ、相当衝撃を吸収しますよ。

特に硬い路面との相性がいい。

 

あと、色がいいですよねーーー。

ダサかっこいい。

なかなか若造には履きこなせんでしょ。

 

いいです!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

それではまた明日!