元・靴設計士 兼 現・靴修理人 兼 シューフィッター 兼 靴マニアのコマツです。

東京某所で靴修理やってます。イギリスのノーサンプトンで靴のあれやこれやを学んで、20代の頃10年間ほど靴の設計の世界にいました。30代からリペアの世界へ。靴フェチではありませんが、革靴からスニーカーまで、高いのから安いのまで、めったやたらと書いていきます。

400 本業が2つ3つあってもいいじゃない。

これってこれからの靴業界

そのままじゃん。

 

最近読んで「ふーん」と思った本。

ライフシフト

 

LIFE SHIFT(ライフ・シフト) 100年時代の人生戦略 [ リンダ・グラットン ]

1980円。

今ネット見てて初めて知ったんですが(汗)、

マンガ版もあるんですね。

 

 

あれ、こっちのほうが安いじゃん。

1320円。

 

100年以上生きるってのは勘弁ですが、

共感したのは

AIが発達するので、人間は

「ひとつの職業では食っていけなくなる」

ということ。

いや、今すでにそうなってるよね。

 

たしかに、ひとつの仕事に一生うちこむ

必要はないんですよ。

今は「副業ブーム」ではありますが、

副業が本業のギャラを越えてるかたなんて

ザラでしょう?

 

だったらどっちも本業にしちゃえばいい。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

さて。

靴業界はめちゃくちゃ無駄が多い。

 

無駄無駄無駄無駄無駄無駄

無駄無駄無駄無駄ァーーー!

っていう程度には無駄が多い。

 

たとえばー。

・モノは揃ってるのに知識のない販売員

・知識はあるのにモノが悪くて売れない販売員

・腕はあるのに歴史を知らない修理人

・頭でっかちなのにいまいちぱっとしない

 修理人(私だ)

・海外に勝てるのに日本人しか顧客のない職人

・シューフィッターより使えるアプリ

・プロをしのぐ靴オタ(一番怖い)

 

このパズルのピースを並べ替えると、

たとえばこんな風にもできるような・・

 

・靴オタが百貨店で販売員3時間やります。

 フィットするかどうかは

 アプリをつかいます。

 (すでにアプリありますが、

  ここでは紹介しません。

  興味ある方は自力で見つけてください)

 レジは担当呼んで丸投げします。

 そのあと経理で3時間。

 広報で1時間。

 

・こまかいフィッテイングは

 シューフィッター使って微調整させます。

 シューフィッターは午前働いたら

 そのあとデイサービスに行って

 午後はリハビリを手伝います。

 理学療法士と一緒にやるので、

 「足」だけではなく

 「脚」「カラダ」の勉強になる。

 

頭でっかちな修理人は指示だけ出して

 腕だけはたしかな修理人に仕事を丸投げし、

 街のリサーチしに行って

 広報のサポートをします。

 

・ビスポークの靴職人は

 リモートフィッティングつかって

 海外のVIPに靴をつくります。

 既製品もつくります。

 会計はビットコインのみ。

 

・・・で、最初に戻る。

 

なんかまわりそうじゃない?

しかもこれ、誰もほとんど損してないんです。

 

損はしてますが、得の方が多い。

 

まあまあまあ一見、夢物語ですが、

私にはぴりぴりわかるんですよ・・・

それぞれの分野の人間が

アンテナ張りまくってるのがね。

 

実際私が百貨店の靴の販売員になったら

婦人でも紳士でも子供靴でも

ガンガン売る自信あります。

(某ABCマートのバイトで、バイトの分際で

売り上げ日本一とって追い出されましたw)

 

靴業界で「この道一本で食っていける」って

思ってる方、どれだけいます?

源ちゃん以外ムリ。

磨きの寺島さんだってどんどんインスタで

情報発信(=ひとり広報)してる。

靴修理だって本気でフルコミットしてる。

 

私も現にボーナスが消滅してるので

ブログ始めたようなもんです。

 

二股、三股かけていきましょう。

断言しますが、

「二兎を追う者は一兎をも得ず」は死語。

全部の仕事にフルコミットしないと、

他の仕事に響きます。

 

理屈っぽい話になっちゃいましたね。

てへぺろ―☆

 

本題終了!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ご褒美タ――――イム!

 

【今日のおすすめの1足】

 

ナイキ

「タンジュン」。

 

4500円。

(レディースサイズのみ)

 

 

 

 

ナイキ ウィメンズ タンジュン 定番人気モデル/ナイキ

 

いやー。

もう暑いからタンジュンと一日3回は

すれちがってる気がする。

 

アッパーがフルメッシュ。

ウィズ、関係ない。

デザインはもはやクラシック。

でもソールはふかふか。

 

で、アンダー5000円でしょ。

売れないわけがない。

説明するだけ野暮ですね。

 

これのまっくろけバージョン作ったら、

メンズにも売れそうなんですけどねー。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

それではまた明日!