元・靴設計士 兼 現・靴修理人 兼 シューフィッター 兼 靴マニアのコマツです。

東京某所で靴修理やってます。イギリスのノーサンプトンで靴のあれやこれやを学んで、20代の頃10年間ほど靴の設計の世界にいました。30代からリペアの世界へ。靴フェチではありませんが、革靴からスニーカーまで、高いのから安いのまで、めったやたらと書いていきます。

345 伝説になった後輩・大塚君の話。

絶対いっしょに働きたくないけど、

話だけなら笑える人っているでしょ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

こんばんわコマツです。

 

靴修理とこのブログで飯、食ってます。

修理の方は12年くらい?ですかね。

ブログはもうすぐ1年ですか。

 

20代のころは靴の設計やってたんですが、

あまりのハイパーブラックぶりと

子供ができて「いよいよ食えんな」と。

 

手取りで16~19万の給料で、

ボーナスなんか一回もありませんでしたから。

 

なんやかんやあってリペアの世界にきたら、

なんと・・・・

給料がちゃんと払われるじゃないですか!

 

そんなこんなでとりあえず今の会社に

落ち着いてます。

 

でね、

そうはいっても

靴修理にたずさわる人間って

よくもわるくも

あんまりまともじゃないんですよ(笑)。

私もふくめて。

 

カタギでやっていけない人間の

吹き溜まりみたいなとこがあるのが魅力。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

こっから先、実話です。

 

後輩に、大塚君(仮名)という

30代後半の

「みためはドランクドラゴンの塚地さん」に

そっくりな奴がいます。

 

現役です。

都内某所にいます。

 

うちの会社はチェーン店なので、

たまにヘルプに行ったりするんですが、

大塚君は

「もっとも出禁をくらった男」

として、

うちの会社では生きる伝説になっています。

 

具体的にいこう。

 

こっから先は、

牛乳を口に含んで読んでください。

 

ちゃんと牛乳含んだ?

よし。

 

じゃ、いくよー。

 

渋谷事件。

 

とある渋谷方面のクソ忙しい店。

某駅の中にあるので、

閉店したらシャッターが下りるシステム。

 

シャッターが全部降りたら、

出口は「非常用」の鉄扉しかありません。

 

閉店後、当然ブレーカーおとしますよね。

まっくらになります。

 

ブレーカーは「鉄扉」と真逆にあります。

 

先輩:「大塚君、電気きえるから

ぜったいトビラ開けといてね

大塚君:「わかりました!」

 

大塚君は先に鉄扉の外で待ってます。

 

先輩がブレーカー落とした。

 

と同時に大塚君が鉄扉を閉めた。

 

先輩は叫んだそうです。

「あけてー!大塚君、あけてー!」

 

カラダをあちこちにぶつけながら、

ほうほうの体で先輩は鉄扉を開け、

怒りを抑えながら

 

Q「大塚君、なんで閉めたの」

A「いや、電気消えたんで。」

 

Q「なんで叫んだのに開けてくれなかったの」

A「聞こえませんでしたけど?」

 

まずはこれで初出禁になりました。

 

②ツタヤ事件。

 

日曜日でクソ忙しく、

閉店後も20足以上(!)その日のうちに

修理しなきゃいけない靴が残っていたそうです。

 

先輩は一心不乱で閉店後も修理。

 

ふと先輩が気づくと、

大塚君は、

 

客用のイスに座って、

じっと先輩の姿を

みていたそうです(笑)。

 

先輩(①とは別人)は怒りをこらえながら

 

Q「・・・大塚君、やることあるよね(怒)?」

A「あっ!そうでした!今日自分、

ツタヤにDVD返す日でした!

おつかれさまです!」

 

ガチの話ですよ。

 

出禁2軒目。

 

③マック事件。

 

もう前後の話はいいや。

 

おばあちゃん「この靴なおる?」

大塚君「なおります。待ちますか?

おばあちゃん「えっ?マ・・?」

大塚君「えっ」

おばあちゃん「えっ・・マ・・?」

大塚君

「・・あ!マックですか⁉

マックでしたら!!

この先を200メートル歩いて!!

すぐ右です!!」

 

おばあちゃん、杖持ちながら

プルプルふるえてたそうです。

 

出禁3軒目。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

通算5軒、出禁になってます。

 

それでも会社に残ってるって

ある意味すごい。

 

もしあなたが都内で靴修理しようとして、

職人の顔が「塚地」そのもので

彼の履いてる靴が

 

f:id:shoesmaster:20210319210933p:plain

カントリーのコードバンボルドー色。

 

これだったら、その男こそ大塚君(仮名)です。

 

実在します。

 

想像を絶するリペアをするので、

震えて期待してください(笑)。

 

本編終了!

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

【今日のおすすめの1足】

 

アグ CA805 

「ダルメシアン

レースアップバージョン。

 

20900円。

 

ユニセックス

 

ソース画像を表示

 

ソース画像を表示

 

UGG CA805 Dalmatian(アグ CA805 ダルメシアン)OFF WHITE / BLACK【メンズ レディース スニーカー】20FW-S

 

アグはもはや

ムートンブーツメーカーではありません。

私も1足持ってますが、

ハイテクスニーカーが本分です。

www.youtube.com

 

そしてこのダルメシアン

 

キワモノと思いきや、

・・・・めちゃくちゃ売れてます。

ほぼ実店舗ではみれないのでは?

 

こんな見た目でも

くっそ軽い。

クッションは、まんまマシュマロ。

 

地味派手。

派手なのに、地味に服装えらびません。

 

実物は、写真よりはるかに上品です。

たまーにこれ履いてる人とすれちがいますが、

みんな似合ってる。

 

わかる人だけ、わかればいい。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

それではまた明日!