元・靴設計士 兼 現・靴修理人 兼 シューフィッター 兼 靴マニアのコマツです。

東京某所で靴修理やってます。イギリスのノーサンプトンで靴のあれやこれやを学んで、20代の頃10年間ほど靴の設計の世界にいました。30代からリペアの世界へ。靴フェチではありませんが、革靴からスニーカーまで、高いのから安いのまで、めったやたらと書いていきます。

333 花粉症により脱力回ですみません。

今年の花粉症はとにかく強い。

 

こんばんわ。

靴・・(略)コマツです。

 

耳鼻科はもちろん行ってますし、

(1月から)

処方薬と

青竜湯のダブル処方

 

マスクと花粉ゴーグル

 

にもかかわらず

今、目がほとんど開いてません。

 

両鼻にはもちろん

ティッシュ詰めてますがなにか。

 

こんなにしてても、

朝は目ヤニで両目が開きません。

角膜様、お疲れさまです・・・。

 

マジでサナダムシ飲もうかな・・・。

 

 

 ↑

やってる方。

 

ということで

頭も全然まわってません。

 

さあ何書こうか。

 

・・・(2時間経過)・・・

 

おもしろいお客さんについて書こう。

 

①一周まわって紳士

 

うちの店、百貨店のトイレの前にあります。

修理してる間、

スリッパ貸し出してるんですが、

なぜかトイレ見ると反射で

トイレ行きたくなるお客さん、

割と多いです。

(靴修理あるある)

 

「スリッパでトイレ行っていいですか」

とよく聞かれるので、

ほんとは嫌ですが

笑顔で「どうぞー」と言ってます。

(トイレ行きになったスリッパは

あとで私が全て捨てています)

 

きちっとした紳士が来店。

カカト修理。

「トイレ・・」「あ、どーぞ」

 

30分たっても出てこない。

心配で警備員呼ぶかなと思ったら

ようやく帰ってきました。

そしたらスリッパが・・・・・

 

 ・・・・・・・・・

やっぱりこの話やめよう。

 

だれも幸せにならない。

 

 

本題終了!

ごめん!

 

・・・・・・・・・・・・・・

【今日のおすすめの1足】

 

ごめん今日靴じゃないわ。

体力ない。

 

なので・・・

靴修理のマンガ。

でも言わせて。

めちゃめちゃ面白い。 

 

 

「靴理人」

全3巻。

 

電子書籍で読めるようになりました。

 

表紙も凝ってます。

 

 

 

 ジョージコックスですねー。

 

 

これはムズイ。

こうみえて婦人靴。

 

シューフィルの記事からなんだよなー。

なんだっけ・・

ロベール・クレジュリーの

1981年の

バルボン」か。たぶん。

 

 

最終巻は主人公。

 

 

f:id:shoesmaster:20210308192522p:plain

ロベールクレジュリーのオジ靴。素晴らしい。

マンガは2014年のものですが、

けっこうリアルです。

モカ割れ」とか

「シャンク」の話もでてきます。

 

あーーーー。。。。

 

思考力ゼロですみません。

限界LOVERSなので

今日はもう寝ます。

また明日!