元・靴設計士 兼 現・靴修理人 兼 シューフィッター 兼 靴マニアのコマツです。

東京某所で靴修理やってます。イギリスのノーサンプトンで靴のあれやこれやを学んで、20代の頃10年間ほど靴の設計の世界にいました。30代からリペアの世界へ。靴フェチではありませんが、革靴からスニーカーまで、高いのから安いのまで、めったやたらと書いていきます。

274 怖い店。

こんにちは。

靴修理人 兼 シューフィッター 兼

靴マニアのコマツです。

・・・・・・・・・・・・・・・・

生きのいいネタです。

内容が内容なので、ちょっとぼかします。

都内のとある靴修理屋がちょっとパニックに

なりまして。

店主がいなくなったんですよ。

コロナとか全然関係なく。

コマツも急遽ヘルプに駆りだされました。

いやいやいやいや。

レジがわからん・・・

その店のポイントカード、わからん・・・

駐車券?あー、たぶんこれか。

3時間に設定しときゃいいでしょ。

というわけで、この数日

靴修理に寄ったら、いつもの人じゃなくて

やたら焦っていてなんかしらんけど

駐車料金をやたらサービスしてくれた。

やったー。

という方がいたら、私です。

・・・・・・・・・・・・・・

笑えない事情があったんです。

オーナーが失踪して数日たち、

今日、死亡が確認されました。

自宅で事故死だったそうです。

今のところは。

ただ。

限りなく「ザ・自殺」の状況だったらしく、

検死を終えないと「自殺」とは断定できません。

検死の結果待ちか、

遺書とかが見つかって、はじめて

「事故死」ではなく「自殺」として

認定されるらしい。↓

https://www.yoriso.com/sogi/kenshi/

経営が行きづまったんでしょうね。

幸か不幸か、私はそのオーナーさんの

顔すら知りません。

なので特に悲しいとかショックとかは

1ミリもありません。

ただ手元にある靴に全集中するのみです。

なにが大変って、刃物が全然切れないんです(怒)。

死者でも許さん。ケガするの俺だし。

超裏ワザを駆使して、30分で切れ切れに研ぎあげて、

安心しました。

代役もきまったので、もうコマツがその店に

行くことは二度とありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さあ本題いこっか。

そのオーナー、数か月前に

借金して開店したばっかなんです。

ぶっちゃけめちゃくちゃいい場所です。

都内というか、全国の皆さんでも99%

知ってる駅です。その駅ビル。

さらに誰にでも目につく場所。

ショバ代、半端なかったはず。

でも、全然売れなかった。

原因は知りません。

コロナもあるし、刃物の切れ具合から察するに

腕も悪かったんでしょう。

売り上げから逆算すると、オープンしてからずっと

赤字で、給料ゼロだったはずです。

ただ。

いわゆる事故物件でした。

亡くなったオーナーの前も

別のチェーン店が靴修理やっており、

オーナーが「現場で」(たぶん夜に)

首つってます。

なんで家じゃなく現場で?

そこそこ繁盛してた記憶あるんですがね。

そして、そのビルの数階上で平成時代に

わざわざ路上じゃなく「数階上」のテナントで

通り魔が発生し、数人亡くなってます。

さらに、こっから先はオカルトですが

そこ、

江戸時代まで刑場でした。

・・・・・・・・・・・・・・・

続きます。

会社の人間と、

やめればいいのに順番待ちの次のオーナーが

みつかって、引継ぎをやってたみたいです。

で。

もともとの現場に戻ったコマツ

上司から電話がありました。

コマツさん、こないだはありがとう。

(中略)

どーでもいいけど、刃物いじった?

〇〇さん(次のオーナー)が、

刃物が全部

全く切れないって

怒ってるんだけど。

いや、俺もみたけどさ、

逆に研いでくれてたよね?」

はい。

間違いなく全部研ぎました。

裏ワザは使いましたが、

それでも半月はキレキレのはず。

(わかる人はわかる)グラインダーについてる

ソールカッターに至っては

「新品か?」っていうくらい

鬼のように研ぎました。

絶対ありえない話なんですよ。

完全にオカルトですが、

刃物=刀=刑場って

なんかつながってるのかもしれません。

しらんけど。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「絶対店がつぶれる場所」って

都市伝説的にあるじゃないですか。

私はわりと信じてます。

霊感はまったくありませんが、

なんか「いやな匂い」ってあるんです。

不本意ながらマスクもしてるし、

シンナーたっぷりの接着剤も使ってるのに、

そこの現場もやたら

ウンコ臭い!

ぶっちゃけ、ヘルプの期間

休憩中に何回か胃が空っぽでも吐きました。

渋谷のセンター街も臭くないですか?

霊感ある人は絶対行かないって話もあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・

続きます(笑)。

もう一件。

都内の某百貨店。

私が過去に

ちょいちょいヘルプに行ってました。

客にはみえないバックヤード。

扉の前に、全身がうつる鏡があるんです。

これ自体は普通。

「接客前に、姿勢と身だしなみを

チェックしましょう」的なね。

ただ、そこの百貨店は変だった。

ヘルプに行くたびに、

鏡の場所が変わってるんです。

右に合ったのが、左に。

小さかったものが、大きなものに。

さらに。

そこ、社員食堂が安いのにガラ空きなんです。

昼間っからあまりに幽霊が出すぎて(笑)、

募集かけてもみんな1日で辞めちゃう。

「百貨店 社員食堂 イジメ 自殺」

ググると、出てくるかも。

そこの町、渋谷ほどではありませんが

大きなスクランブル交差点があって、

足をつかまれてこける、っていう

可愛い都市伝説もあります。

・・・・・・・・・・・・・・

【今日のおすすめの1足】は

今日だけお休みします。

だって、こんな流れで絶対みんな

買わないでしょ?

そのかわり、こんな本を紹介します。

   古地図でわかる!大江戸 まちづくりの不思議と謎【電子書籍】[ 山本博文 ] 楽天で購入

それではまた明日!