元・靴設計士 兼 現・靴修理人 兼 シューフィッター 兼 靴マニアのコマツです。

東京某所で靴修理やってます。イギリスのノーサンプトンで靴のあれやこれやを学んで、20代の頃10年間ほど靴の設計の世界にいました。30代からリペアの世界へ。靴フェチではありませんが、革靴からスニーカーまで、高いのから安いのまで、めったやたらと書いていきます。

239 ヴィンテージ靴(中古靴)がこれから確実に希少価値をもつ3つの理由。

こんばんわ。

靴マニア 兼 シューフィッター 兼

靴マニアのコマツです。

いきなりですが、

中古の靴、はいたことありますか?

本題の前に…

なんにせよ人のはいた靴って

気持ちわるいですよね。

業者にまかせて完全清潔にしましょう。

話はそこからです。

   【送料無料】靴クリーニング レギュラーコース1足<職人手洗い+磨き/ブラッシング仕上げ> 楽天で購入

革靴の丸洗い+除菌。

4378円。

これは妥当な金額です。

見た目はほとんど変わりません。

が、確実に清潔になります。

いろんな業者がありますが、どこでも

ネットだとたぶん1か月くらい時間かかりますし

 

 

なかなかの値段ですが、リアットは母体がイオンなので

変な対応はとりません。

なにかしらトラブルがあっても、

逃げられるようなことはしないので

ここが安心。

リアットの店舗にもっていった方が

話がはやいかもしれません。

(ミスターではじまるチェーン店は、

最低6000円はかかります。)

 

 

 

・・・・・・・・・・・・

コマツは北国出身で、

小学生の冬の体育はスケートでした。

今は体育館でなんかやってるんでしょうが、

ギリ昭和だったので、完全屋外です。

先生方が、真冬の夜中にグラウンドに水まいて

即席のスケートリンクをつくるんです。

もちろん、凸凹ですよ。

完全ハンドメイドスケートリンクですから(笑)。

でも今考えると、本当に頭さがります。

あれ、ちゃんと時間外手当でてたんだべか・・。

とにかく、冬の体育はスケートだったんですよ。

おさがりがあたりまえ。

新品なんて高いもん。今の時代で2万。

昭和末期だと、もっと高かったかもしれません。

 

サイズもあってるんだかなんだか

よくわからなくて、とにかく足先が

冷たかったことだけ鮮明に憶えてます。

・・・・・・・・・・・・・・・・

思い出話はここまで。

そんなことよりとっとと本題いきましょう。

ヴィンテージ靴。

ウェストンしかり、タニノクリスチーしかり、

じわじわ熱があがってきてますね。

なんでか。

理由は3つ。

「革」のクオリティ。

革の質が昔のほうが格段にいいんです。

原題とはちょっと比べものにならない。

天然革の最盛期は70~80年代。

今のベビーカーフは、このころのキップ。

今のキップは、当時のステア。

それくらいには余裕で差があります。

手に入らない革もヴィンテージには多い。

有名どころだと、

90年代に廃業に追い込まれたドイツの

世界最高の革屋、

カール・フロイデンベルグ

後継者のアノネイ・デュプイも素晴らしいが

オリジナルにはかなわない。

爬虫類革も、オーストリッチも

現在は乱獲と生態系のみだれで

左右の脚でいちじるしく模様がちがいます。

メーカーの倒産。

代表的なのが

イタリアのタニノクリスチーと、

日本の平和堂

クオリティの持続が不可と見るや

即工場をしめた、ある意味潔いメーカーです。

これはタニノ。

こんなに艶っぽいのに、れっきとしたメンズです。

   タニノクリスチー レザージョッパーブーツ メンズ 黒 7 未使用 デッドストック アンクルブーツ TANINO CRISCI【S3-1867】【中古】 楽天で購入

そして武骨の王道、神田の「平和堂靴店」。

こっちは平和堂の代名詞・

ショート丈のサイドゴアブーツ。

作家の故・開高健もこれしか履かなかったそうです。

私も何度か実物みましたが、

まあ革の質がいいこと。

素人でも鏡面が余裕でできます。

そしてこのラスト。

オールデンなみの内振りで、ビルケンのような解放感。

グッドイヤーなので、ヴィンテージでも

オールソールは余裕です。

サイドゴアも取り替えられます。

アッパーさえ生きていれば、ほぼ無限にリペア可能。

グッドイヤーはもちろん、

マッケイでもいけます。

コストはかかりますが、

マッケイなら「中底」からの再生も

なにげに可能。

グッドイヤーは中底が逝ってることは

ほとんどなく、こちらも

アッパーが生きてればリウェルトで

なんぼでも生き返ります。

修理、魅せます。 #006「靴」 – YouTube

(↑この動画、定期的に見にきちゃいます。)

そして。

日本にはリウェルトまでできる職人が

かなり存在します。

調べてないんでわかりませんが、

クラシックな技法の引き出しを持ってる

職人の数なら、日本がダントツじゃないでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・

ざっと書きましたが、

時計はヴィンテージの職人が

世界中にいるじゃないですか。

靴はそうはいかない。

希少価値が時計とはレベルがちがう。

①②③、すべての要素が

すでにパイの奪い合いになってます。

今はネットオークションが主ですが、

遠くないうちに絵画のギャラリーみたいに

あらゆるヴィンテージ靴をあつかうお店が

出来るんじゃないでしょうか(できて欲しい)。

嗜好品としてのヴィンテージ靴は麻薬なので、

これから値段は高騰していくはずです。

・・・・・・・・・・・・・・・

【今日のおすすめの1足】

ヴィンテージ靴つながり。

サイズ22㎝のかた限定。

ラスト1足。

「タニノクリスチー ロングブーツ」

ヴィンテージ(中古)ですが

28,481円(!)。

 

   【美品】タニノクリスチー TANINO CRISCI レザー ロングブーツ シューズ 靴 レディース イタリア製 35M(22cm相当) ブラック ブーツ【中古】 楽天で購入

新品なら余裕で10万いったでしょうね。

7.5㎝ヒールなので、

「歩く」よりは「魅せる」靴。

写真のはきジワから推測するに、

たぶん2回くらいしか履いてません。

本来革底だったはずですが、

ハーフラバーと、ヒールのゴムも

新品にリペアされてます。

革の質が写真越しにでもめちゃくちゃいい。

ファスナーがついてないので、

脚が細めのかた、足幅もEくらいのかたに

しっくりくるはず。

わかる人にはわかりますが、

とんでもない掘り出し物です😵

・・・・・・・・・・・・・・

それではまた明日!