元・靴設計士 兼 現・靴修理人 兼 シューフィッター 兼 靴マニアのコマツです。

東京某所で靴修理やってます。イギリスのノーサンプトンで靴のあれやこれやを学んで、20代の頃10年間ほど靴の設計の世界にいました。30代からリペアの世界へ。靴フェチではありませんが、革靴からスニーカーまで、高いのから安いのまで、めったやたらと書いていきます。

148 シューフィッタ―11年目の悩み。

こんにちは。

ネタはあるのに文章力が絶賛スランプ中の

コマツです。

本業が靴修理、趣味は根っからの靴マニアです。

趣味が高じてシューフィッタ―の資格とって、

11年くらいたちました。

11年もたつとどうなるかというと、

足さわるだけで頭の中にレントゲンみたいに

骨・筋肉・スジ・脂肪が脳内の画像でみれます。

下半身 足の部分 足 筋肉 人体解剖学】の画像素材(15602434 ...

なに言ってるかわからないと思うんですが、

ほぼ毎日お客さんの足さわると

(修理屋なのにフィッティングの

ご相談がめちゃくちゃ多いので)

そうなるんです。

ならない人もいますが。

ただ、わからないのは痛みだけ。

あれ、本当にわかんないんですよね。

こんなに外反母趾になってるのに

まったく痛みがない人とか、

カカトの骨が小さくて、前傾姿勢になって

腰の神経にさわって、

中敷きを1ミリたしたりひいたりするだけで

その場で痛みが治っちゃう人もいます。

なんかこわい。

精進と研究を重ねるしかないですね。

あと、これは完全にボランティアですが、

20代の頃、靴の設計をみっちりやってたことと、

靴マニアなので、革靴でもパンプスでも

スニーカーでも、

ほとんどの靴の木型がどんな感じかわかります。

すると、

その人に合う靴が自動的にだいたいわかるんです。

んで、けっこう的中します。

それが悩みなんです。

自分で言うのもあれなんですが、

誰でもできる芸当じゃないんです。

この特技をどーにかして生かしたい。

ビジネスにしたい。

靴修理はオワコンですから。

なんかいいアイデアありませんか?

自分のことって、自分が一番わからない。

最近、まじで焦ってます。

あ、でもこうやって文章にすると

ちょっと冷静になれますね。

それではまた明日!