元・靴設計士 兼 現・靴修理人 兼 シューフィッター 兼 靴マニアのコマツです。

東京某所で靴修理やってます。イギリスのノーサンプトンで靴のあれやこれやを学んで、20代の頃10年間ほど靴の設計の世界にいました。30代からリペアの世界へ。靴フェチではありませんが、革靴からスニーカーまで、高いのから安いのまで、めったやたらと書いていきます。

147 モンクレールはダウンだけじゃない。

こんにちは。

靴修理人 兼 シューフィッタ― 兼 靴マニアのコマツです。

週末の台風が心配ですが、

ようやく東京はちょっと涼しくなってきましたね。

あっというまに秋冬ですよ。

だからってわけじゃないんですが、

こないだモンクレールのショップに

お邪魔してきました。

Tシャツが3万円以上してました。

あんなの買って、洗濯できるんだろうか・・・。

ネットの話ですが、

グッチかプラダか忘れましたが、

ブラウスを買った方がクリーニングに出したら、

1回でめちゃめちゃ縮んだんですって。

これはおかしいと思ってグッチ(プラダ?)に

相談したところ、

「洗濯を想定してつくっていません」

の一言で瞬殺されたそうです。

怖え。

モンクレールのダウンも、

基本クリーニングはできないみたいです。

(白洋舎の店長が言ってました)

モンクレールのクリーニングできます!と

はっきり謳ってるところじゃなきゃダメなんですって。

さて、本題いきますか。

モンクレールの靴。

あんまりはいてる方、みかけませんよね。

こんなの出してるんですよ。

5万円(汗)。

スタンスミスに線ひいただけなのに・・。

と思った方。

同感です。

ただ、品質はいいし、地味に凝ってるんです。

ゴムに色のせるなんて、それだけでも難しいのに

アッパーと寸分たがわずぴっちり合わせるなんて

軽くゲロが出るほどめんどくさいはずです。

ちがうデザインですが、

ごてごてのダッドシューズで

こんなのもありました。

こちらも5万円。

見た目以上に・・重い。

トリコロールのストラップがなければ

日本人が履いていても、

スケッチャーズとまちがえそうです。

ボルトみたいな高い身長の黒人とかには

すごい似合いそうですね。

ブーツも出してます。

あきらかにダナーのマウンテンライトを

オマージュしたものや、

ティンバーランドを意識したもの。

6万円くらいでした。

ただ、ソールの素材がもろい。

再生革とかを容赦なく使っているので、

雪の中とか歩いたら、たぶん

ワンシーズン、よくて2シーズンが寿命です。

おしゃれさん以外は履いちゃダメです。

きのうのプーマとは対照的に、

「とことん実用的じゃない」方向に

ふりきっていて、感動しました。

買える人は、ぽんって買うんでしょうね。

ダウンはめちゃくちゃコピー品が多いですが、

靴のコピーは、モンクレールの場合はムリです。

履いてたら、間違いなくカネもってます。

自信のあるかたはぜひどうぞ!

それではまた明日!