元・靴設計士 兼 現・靴修理人 兼 シューフィッター 兼 靴マニアのコマツです。

東京某所で靴修理やってます。イギリスのノーサンプトンで靴のあれやこれやを学んで、20代の頃10年間ほど靴の設計の世界にいました。30代からリペアの世界へ。靴フェチではありませんが、革靴からスニーカーまで、高いのから安いのまで、めったやたらと書いていきます。

5 アシックス・その2

子供靴。

悩んでらっしゃる方、意外と多いと思います。

私にも十数年前、小さい子供がいました(今は大きいです)。ファーストシューズは自分で作りました。モカシンで、まあ飾りですよね。

ガチファーストシューズはニューバランスの320の子供モデルでした。たしか4000円くらい?だった気がします。3rdあたりでアシックスの「sukusuku」を買いました。どちらも良かったです。

本題ですが、たぶんメーカーにとって「子供靴はボランティア」だと思います。以前ナイキの項でエアマックスの原価が500円、エアフォース1が300円と書きましたが、子供靴の原価っていくらくらいでしょう?

私も断定しかねますが、たぶん1足1000円~1500円くらいだと思います。へたな大人用より高いのは確実です。

明確な理由①ロット数(つくる量)が少ない②小さい靴ほど作りづらい③材料費は大人ようとほぼ変わらない ④大人用よりも開発費がかさむ あたりでしょうか。    

子供の足は15歳くらいまで骨、神経、筋肉、筋がノンストップで成長するので、大人と違う設計が必要です。集めるデータの量も半端じゃないでしょう。でも、販売価格は大人以下。アシックスもニューバランスも、実勢価格は5000円かそれ以下。瞬足やスーパースターなら2000円前後でも買えますし、クオリティもすこぶる高い。でも子供靴で5000円は高いと思いません?でも大人のスニーカーが5000円だったら安いと思うでしょう?

マーケティングも当然計算済みでしょうが、それでも子供靴を良心的な値段でつくっているメーカーは、やはり一味違います。その反面、おしゃれとして大人用のスニーカーを単純に小さくしたような靴は、子供の足にとって百害あって一利あるかどうか・・です。アディダスのスーパースター、コンバースのオールスター、ナイキのエアジョーダン等は大人の自己満足、子供の足には拷問に近いつくりです。で、高いでしょ。しっかりしてますよねー。個人的にナイキで許せる子供靴は「ダイナモ」だけ、アディダスは玉石混合すぎるので避けた方が無難です。

話がそれましたが、アシックスは子供靴というカテゴリーを初めて正面から向き合ったパイオニアだと思います。後続がニューバランス、ミズノ、ムーンスター、アサヒといったあたりでしょうか。ナイキとは違う方向性で、陰ながら足のことをめちゃくちゃ考えているメーカーです。

 

今日はこのへんで!